16インチ型MacBook Pro、フタの角度を測定できるセンサーを内蔵

ディスプレイ部分とキーボード部分の角度を正確に計測できる「フタ角度センサー」が発見される

Lid angle sensor

16インチ型「MacBook Pro 2019」にはディスプレイ部分とキーボード部分の角度を正確に計測できる「フタ角度センサー」が内蔵されていることが明らかになった。

これはMacRumorsが入手したApple公式サービスプロバイダ向けの内部資料に「フタ角度センサー」に関する記載を発見したことがきっかけ。その後、iFixitに検証を依頼、存在していることが確認された。

Appleがどのような意図でこのセンサーを内蔵しているかは不明

新しいセンサーが発見されただけではなく、ヒンジにマグネットが埋め込まれていることも確認されている。

Lid Sensor for MBP16

従来の「MacBook Pro」にはディスプレイ部分の開け閉めを判定するホール効果センサーが内蔵されていたが、今回発見されたフタ角度センサーはより洗練されているようだ。

内部資料によると、ディスプレイの修理を完了させるためにはディスプレイおよびフタ角度センサーをどちらもキャリブレーションする必要があると記載されているとのこと。

Appleがなぜこのようなセンサーを内蔵しているかは明らかになっていないが、過去に報じられていたディスプレイをある一定の角度まで開くと完全に画面がブラックアウトしてしまう不具合や、まるでステージ照明のようにディスプレイ下部からバックライトが漏れる”Flexgate”問題などもあったため、ユーザーが乱暴に扱ったりしていないかを確認する目的として内蔵されているのかもしれない。

コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. 通りすがりの読者

    カリブレーションよりキャリブレーションの方が日本人は聴き慣れてますね。

    1. g.O.R.i

      ははーんたしかに!修正します!ありがとうございます!

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索