M2 Pro Mac mini、デスクトップMacとしての”ベストバイ感”がすごい

MacBook Proのパフォーマンスを据え置きマシーンで、6万円以上安く手に入るという”高コスパ”

M2 Pro Mac mini image

M2 Proチップを搭載したMac mini(2023)の登場で、デスクトップ型Macのラインアップが充実した。従来はM1 Mac miniM1 iMac、Mac Studio、Mac Proの構成となっており、Mac miniiMacとMac Studio・Mac Proの間に大きな開きがあった。

Mac miniM2 Proモデルが追加されたことで、ハイエンド寄りのミドルレンジマシーンがオプションとして加わった。選択肢は広がった。それどころか、M1 Maxチップ搭載のMac Studioを選ぶのであれば、作業内容次第ではM2 Proチップを搭載したMac miniを購入したほうが費用対効果が高い可能性がある。

M2 ProのほうがM1 MaxよりもCPU性能が高い

Mac mini(2023)のベンチマークスコアデータによると、M2 ProのCPU性能はM1 Maxをシングルコアスコア、マルチコアスコアともに上回っている

Mac Studioの最小構成は、以下のとおり。価格は278,800円だ。

  • 10コアCPU、24コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Max
  • 32GBユニファイドメモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • 前面:USB-Cポート x 2、SDXCカードスロット x 1
  • 背面:Thunderbolt 4ポート x 4、USB-Aポート x 2、HDMIポート x 1、10Gb Ethernetポート x 1、3.5mmヘッドフォンジャック x 1

上記構成をMac mini(2023)のM2 Proチップで組んだ場合、240,800円で購入できる。

  • 10コアCPU、16コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M2 Proチップ
  • 32GBユニファイドメモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • ギガビットEthernet
  • Thunderbolt 4ポート x 4、HDMIポート、USB‑Aポート x 2、ヘッドフォンジャック

10コアCPU仕様のMac mini(2023)がM1 Maxチップのマルチコアスコアを上回るかは不明だが、12コアCPU・19コアGPUのM2 Proチップ(+42,000円)にアップグレードしたとしても、価格は282,800円。わずか4,000円差で済む。30万円以下で収まる点は、フリーランスにとっても嬉しいはずだ。

14インチMacBook Proで同じ構成を組んだ場合、価格は344,800円になる。手元にディスプレイやキーボードがあれば、最新のMacBook Proと同じ性能を62,000円安く手に入る。筐体の構造上、高負荷時の持続パフォーマンスはMacBook Proを上回る可能性すらある。

またGPU性能の計測データも公開。M2 ProチップのMetalスコアはM1 Maxチップに比べて約20%低いが、Open CLスコアはM1 Ultraチップと同程度。CPU負荷の高い作業だけではなく、GPU負荷の高い作業でも十分にこなせるだろう。

ハードウェアのバランスも良い。MacBook Proよりもお得感がある

ハードウェアの観点で見ても、M2 Pro Mac miniのほうが魅力的かもしれない。Mac StudioはSDカードスロットが用意され最大5台までの外部ディスプレイを出力できるが、Mac miniは最大8KのHDMI 2.1ポートを搭載し、Wi-Fi 6EとBluetooth 5.3をサポートする。

Mac Studio
M1 Max
Mac mini
M2 Pro
出力ディスプレイ数 最大5台 最大3台
Thunderbolt 4ポート数 4基 4基
HDMIポート 最大4K 最大8K
SDカードスロット SDXCカードスロット(UHS-II) ×
Wi-Fi 6E ×
Bluetooth 5.0 5.3

外部ディスプレイを4枚以上出力しない限り、ハードウェア仕様はM2 Pro Mac miniのほうが優れている。SDカードスロットを含むその他のポート拡張は、CalDigit TS4などThunderbolt 4ドックを活用すれば問題ないだろう。

M2 Proチップを搭載したMac miniは、MacBook Proのパフォーマンスがほしいがノート型Macである必要がない人にとって魅力的な選択肢になるだろう。自宅では高負荷な作業を行い、出先では比較的ライトな作業を行うと割り切れるのであれば、自宅用はM2 Pro Mac mini、持ち運び用はMacBook Airの整備済みモデルを購入すれば、費用対効果を最大化できるのではないだろうか。

なお友人のYouTuber「Appleが大好きなんだよ」の解説動画が全く同じだったので、以下に載せておく。あわせてチェックしてもらいたい。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2023年01月22日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac mini」新着記事
トレンド検索