当メディアのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

macOS 15 Sequoia、正式発表。注目の新機能や改良点などまとめ

ベータ版やパブリックベータ版のリリース時期、正式リリース時期、対応機種なども

Apple WWDC24 macOS Sequoia hero 240610

Appleは6月11日、WWDC24の基調講演でmacOS 15 “Sequoia”を発表した。読み方は「セコイア」。

新機能として、「iPhoneミラーリング」によりiPhoneを完全にコントロールできるようになる。Safariには新しいハイライト機能が追加され、情報検索が容易に。パスワードアプリはパスワード管理を一元化。新作ゲームも多数追加される。AppleのAIシステム「Apple Intelligence」が組み込まれており、M1チップ以降のAppleシリコンMacであれば利用できる。

本記事は、macOS Sequoiaの正式リリース時期、対応機種、主要な新機能や変更点をまとめた。参考にしてもらいたい。

macOS Sequoiaの正式リリースはいつ?

Appleの最新OSは、WWDCで正式発表後、開発者向けベータ版やパブリックベータプログラム向けパブリックベータ版などを経て、秋に一般公開されるのが通例だ。

開発者向けのベータ版は基調講演の直後に配信開始。パブリックベータ版は例年、開発者向けのBeta 2と同時にリリースされる。今年は7月頃と案内されている。

iOSとiPadOSは9月のリリースが一般的だが、macOSは10月または11月に正式リリースされることが多い。同時期に新型Macの発表および発売が行われる傾向がある。

macOS Sequoiaの対応機種

macOS Sequoiaのアップデート対応機種は、昨年から一部変更されている。MacBook Airの2018年モデルおよび2019年モデルはアップデート対象外になり、2020年以降のモデルに限定された。

なおApple IntelligenceはM1チップ以降のAppleシリコンMacでの利用に限定されている。

macOS Sequoia注目の新機能や変更点まとめ

WWDC24 Keynote 3684

macOS Sequoiaの主要機能は、以下のとおり。すべての機能はApple公式のmacOS Sequoiaプレビューページを確認してもらいたい。

MacからiPhoneを遠隔操作できる「iPhoneミラーリング」が誕生

Apple WWDC24 macOS Sequoia iPhone Mirroring 240610

macOS Sequoiaの「iPhoneミラーリング」機能により、Macから直接iPhoneを操作できる。

カスタマイズした壁紙やアイコンがiPhoneと同じように表示され、ホーム画面の操作やアプリの起動が可能。Macのキーボード、トラックパッド、マウスでiPhoneを操作し、音声も再生される。iPhoneとMac間でドラッグ&ドロップがシームレスに行え、iPhoneはロックされたままでプライバシーが保たれる。常に表示されているスタンバイと連係し、Macから直接iPhoneの通知を確認・応答できる。
Apple WWDC24 macOS Sequoia iPhone Mirroring iPhone notifications on Mac 240610
iPhoneの通知

Safariの注目機能は「ハイライト」

Apple WWDC24 macOS Sequoia Safari Reader 240610

Safariは、ウェブ上の情報を簡単に見つける方法として「ハイライト」機能を搭載し、人、音楽、映画、テレビ番組について詳しく知ることができる。

再設計されたリーダーは記事をすっきりと表示し、要約や目次を提供することで読書体験を向上。動画が検出されると、ピクチャインピクチャを含む再生コントロールへのアクセスを提供し、ユーザーが動画を前面に配置できる。

Macのゲーム体験を強化

Macに登場する新しいゲームタイトルにより、ゲーム体験がさらに向上する。

Ubisoftの「アサシン クリード シャドウズ」や「プリンス オブ ペルシャ 失われた王冠」、Capcomの「BIOHAZARD 7 resident evil」や「BIOHAZARD RE:2」などの期待の新作がリリースされる。また、「World of Warcraft: The War Within」の大型拡張、「Frostpunk 2」、「パルワールド」、「Sniper Elite 4」、「RoboCop: Rogue City」なども登場予定。これらのゲームは、MetalFX Upscalingや最新のM3チップファミリーを活用し、優れたビジュアルとパフォーマンスを実現する。

期待の新作ゲーム

「アサシン クリード シャドウズ」、「プリンス オブ ペルシャ 失われた王冠」、「BIOHAZARD 7 resident evil」、「BIOHAZARD RE:2」、「World of Warcraft: The War Within」、「Frostpunk 2」、「パルワールド」、「Sniper Elite 4」、「RoboCop: Rogue City」などがMacで楽しめる。

没入感あふれるゲーム体験

パーソナライズされた空間オーディオがゲームの没入感を高め、AirPods Pro(第2世代)による低レイテンシ音声が反応を改善する。ゲームモードの改善でスムーズなフレームレートとパフォーマンス向上が実現する。

Game Porting Toolkit 2

新しいGame Porting Toolkit 2により、デベロッパは迅速にゲームをAppleデバイスに対応させることができ、Mac、iPhone、iPadで多くの高度なゲームを提供可能になる。

ウインドウのタイル表示が強化

macOS Sequoiaでは、ウインドウの配置が簡単にできる新機能が追加される。ユーザーが画面の端にウインドウをドラッグすると、自動的にデスクトップ上のタイルの位置が提案される。

これにより、ウインドウを最適な位置に配置したり、タイルをすばやく並べて配置したり、複数のアプリを表示することが可能になる。新しいキーボードとメニューのショートカットも追加され、タイルの整理がさらに簡単になる。

ビデオ会議機能がアップデート

Apple WWDC24 macOS Sequoia presenter preview 240610

macOS Sequoiaのビデオ会議機能がアップデートされ、発表者プレビュー機能が追加される。これにより、ユーザーはプレゼンテーションを共有前に確認できる。

FaceTimeやZoomなどのアプリに対応し、美しい内蔵背景やカスタム写真を背景として設定可能。背景の置き換えは、Appleの先進的なセグメンテーション技術により、FaceTimeやWebexなどのビデオ通話中に適用でき、ユーザーは通話中に最高の自分を映し出せる。

新しいパスワードアプリが登場

Apple WWDC24 macOS Sequoia Passwords app 240610

macOS Sequoiaでは、キーチェーンを基盤にして構築された新しい「パスワード」アプリが登場した。パスワード、パスキー、Wi-Fiパスワードなどの認証情報を一か所から簡単にアクセスできる。

iCloudの同期は安全なエンドツーエンドの暗号化によりサポートされ、Safariとスムーズに連携する。また、iCloud for Windowsアプリを使えば、Apple製デバイスとWindows間でシームレスに同期できる。

Apple Intelligence

Apple WWDC24 macOS Sequoia Writing Tools Rewrite 240610

macOS Sequoiaに統合されたApple Intelligenceは、ユーザーのコミュニケーションや自己表現を強化するAI機能を提供する。新しい記述ツールで、メール、メモ、Pagesなどで「書き直し」「校正」「要約」が可能になり、様々なバージョンから文章を選べる。

新しいImage Playgroundでは、アニメーション、イラスト、スケッチを使って数秒で楽しい画像を作成できる。写真メモリーでは説明に基づいてストーリーを作成し、不要な背景を削除するクリーンアップツールも追加される。

Siriはより自然で状況に即した応答が可能になり、テキスト入力と音声入力を切り替えられる。Private Cloud Computeでデバイス上とクラウドでの処理が柔軟に行え、プライバシーが保護される。

さらに、Siriや記述ツールにChatGPTのアクセスが統合され、専門知識や画像、文書の理解機能にシームレスにアクセスできる。

その他の新機能

メッセージの新機能

メッセージアプリに、新しいテキストエフェクト、絵文字やステッカーのTapback、メッセージのスケジュール送信機能が追加され、自分を表現する方法が大幅に向上する。

Appleマップの強化

Appleマップは、厳選されたハイキングコースやカスタムのウォーキングコースを提供。米国内の国立公園のハイキングコースをブラウズし、フィルタリングしてオフラインで利用できるようになる。

写真アプリの新機能

写真アプリでは、役立つテーマでライブラリを自動的に整理するコレクションが表示され、検索機能が大幅に向上。ユーザーは素早く結果を得られる。

メモの機能強化

メモアプリは、Apple Intelligenceを活用した音声書き起こしと要約機能が追加され、詳細なメモを簡単に取れる。数式の入力で自動的に答えが表示される機能も追加。

計算機アプリのアップデート

計算機アプリでは、過去の計算履歴を表示し、入力した式を確認できるようになる。

カレンダーの新機能

カレンダーアプリでは、リマインダーからのイベントやタスクが表示され、1日のタスクを簡単に確認、編集、完了できる。月表示でイベントやリマインダーを一目で確認可能。

もっと読む

特集
公開情報
更新日2024年06月11日
執筆者g.O.R.i
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. g.O.R.i(コメントID:704310)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:704309)
    「2019年モデルはアップデート対象外になrふぃ、2020年以降のモデルに限定された。」 落ち着いて下さい!

    落ち着いて俺!!!!!!!!!!

    (^o^)/ハーイ

    ありがとうございます!!!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:704309)

    「2019年モデルはアップデート対象外になrふぃ、2020年以降のモデルに限定された。」

    落ち着いて下さい!

「macOS Sequoia」新着記事
トレンド検索