macOS Montereyにアップデート後、Google日本語入力やATOKが無効化される不具合

アップデート後、なぜかリセット 手動で追加すれば以前と同様に使用可能

Google IME macos monterey 02

macOS Montereyアップデート後、Google日本語入力やATOKを始めとしたサードパーティ製のIMEが使えなくなってしまう不具合が発生する。入力ソースのリセットによるもので、以下の手順で簡単に復活する。

サードパーティIMEを復活させる方法

STEP 1:キーボード環境設定を開く

キーボード環境設定を開いて設定を行う。メニューバーの入力ソースアイコンをクリックし「”キーボード”環境設定を開く」を選択するか、システム環境設定の「キーボード」の「入力ソース」タブを選択することで同じ設定ページが開ける。
Google IME macos monterey 04

STEP 2:左下の「+」ボタンをクリック

左下にある「+」ボタンをクリックし、入力ソースを追加する。
Google IME macos monterey 03

STEP 3:追加したい入力ソースを選択

追加したい入力ソースを選択し、「追加」をクリックすれば戻る。
Google IME macos monterey 01

関連キーワード
公開情報
更新日2021年11月02日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 名無しさん(コメントID:621031)

    アップデート後標準の日本語IMEにショートカットが割り振られるようになりましたが
    別のアプリのショートカットとして使おうとするとそちらが優先されるのが不便です
    それを無効にしようとしてもキーボードのショートカット設定にないので無効にできないので悩みどころです

  2. Akaora(コメントID:618779)

    MacBook Air (Retina, 13インチ, 2020)をMonterey にアップデートしました。その途端、メール(gmail)で日本語を入力しようとして、アルファベットしか入力できなくなりました。すぐに気づいてキーボード設定へ行くと、なんと日本語入力ができなくなっていました。ここに書かれているように入力ソースを再度「入力」。急いで返信する必要がある時など、パニクらないでくださいね。

「macOS Monterey」新着記事
トレンド検索