新型「Mac Pro」はモジュラーユニットをタワー型に拡張、「Thunderbolt 4」搭載、2020年発売か

Mac mini stacked

「WWDC 2019」でプレビューされると噂の新型「Mac Pro」は、モジュラー式を採用しした完全に再設計されたハイエンドマシーンになるとAppleが発表しているが、それ以上の詳細は明らかにされていない。

YouTubeアカウント「Tailosive Tech」がApple内部から入手した情報によると、新しい「Mac Pro」はモジュラーユニット同士を接続するための独自のデータ通信用端子が用意され、タワー型に重ねる仕組みになると伝えている。

拡張したいパーツをベースユニットに重ねていく仕組み

Stacking mac mini

モジュラー式の「Mac Pro」は本体のケースをガバっと開き、その中にあるパーツを入れ替えられるような仕組みを想像していた人も少なくないだろう。

Tailosive Techが入手した情報によると、必要とする構成に応じて対応するモジュラーユニットを追加する形になるそうだ。どうやらこのコンセプトイメージのようにはならないみたいだ。

「Mac Pro」として使用するために必ず購入しなければならないのは、ベースユニット。サイズは「Mac mini」より少し大きいぐらい、としていて、内部にはCPUとRAMが内蔵され、いくつかの外部接続用ポートが搭載されているという。

拡張するためにはベースユニットの上部に搭載されているApple独自のデータ通信用端子を使用し、上に重ねることによって別のモジュラーユニットを追加することができるとのこと。

各モジュラーユニットはベースユニットから電源を供給する仕組みとなっているが、それぞれ独立した電源および冷却機能を持っている模様。

拡張できるのはRAM、CPU、ストレージとなっていて、RAMはベースユニットに8スロットも用意されているとのこと。最大512GBのメモリを積むことができるかもしれない。CPUはベースユニットに取り付けられ、アップグレードすることはできないとのこと。

テスト中のプロトタイプは「Thunderbolt 4」を搭載か

Thunderbolt 3 cable

今まで報じられてきたなかった情報として、Appleが現在テストしている新型「Mac Pro」のプロトタイプは「Thunderbolt 4」ポートを採用しているそうだ。

まだIntelから正式に発表されていないものの、初期バージョンを提供して試している模様。ハイエンドマシーンとして今後発表が予定されているI/Oに予め対応しておくことで、向こう数年間は外部ポートのボトルネックが発生することを防ぐことが狙いだという。

「Thunderbolt 4」は「Thunderbolt 3」との互換性があり、同じUSB-C端子を採用するとのこと。1本のケーブルで8Kディスプレイを出力できるほどの帯域があると紹介されている。

発表は年内かもしれないが、発売は2020年になる可能性

新型「Mac Pro」は2019年に正式発表されると言われているが、Tailosive Techは実際に発売されるのは2020年になると伝えている。

2013年6月に発表された現行の「Mac Pro」も、発売されたのは同年12月19日だった。2017年6月に発表された「iMac Pro」は12月14日に発売された。

ハイエンドマシーンの発表から発売までの流れを考えると、モジュラー式になった新型「Mac Pro」が今夏発表され、年末または年始早々まで発売が遅れることは大いにあり得る。

(via AppleInsider

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索