Appleシリコンの新型Mac Pro、デザインは現行モデルと同じ。RAMは変更不可か

グラフィック、メディア、ネットワークカードに使用できるSSDスロットは2つ搭載する模様

Apple Products at the Apple Store 01

Appleシリコンチップを搭載した新型Mac Proは、現行モデル(2019年発売)と同じデザインを採用する可能性がある。Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏が最新ニュースレターで明らかにした。

以前はメモリが拡張可能になると予測していたが、メモリ(RAM)は「M2 Ultra」チップの基盤に直接取り付けられており、ユーザー交換は不可能。これまで発売されたAppleシリコンMacと同様の仕様になるという。一方でSSDスロットは2つ用意されており、グラフィック、メディア、ネットワークカードの外部取り付けが想定されているそうだ。

M2 Ultra」チップは、24コアCPU、76コアGPU、最低でも192GBのメモリを搭載可能な仕様と見られている。48コアCPUと152コアGPUを搭載したモンスタースペックの「M2 Extreme」チップのオプションも検討されていたが、価格と需要の少なさを理由に提供を見送った可能性が高い。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2023年01月09日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac Pro」新着記事
トレンド検索