「AirPods」の次期モデル、「Hey Siri」に対応していることが判明

AirPods 2 Hey Siri
【image via 9to5Mac】

Appleが配信した「iOS 12.2」のベータ版の中にAirPods」が「Hey Siri」を設定する項目が隠されていることが判明し、次期モデルは「AirPods」本体を操作する必要がなく、呼びかけるだけでAppleの音声アシスタントを起動できる仕様であることを9to5Macが発見した。

AirPods」の新モデル、発表間近か

これらの設定はiPhoneでもお馴染み。「AirPods」の所有者の声が発する「Hey Siri」にのみ反応することが目的として用意されている。

Bloombergは2018年2月に「Hey Siri」に対応した新モデルを同年内に発表すると報じていたが、実現されず。ただ、発表間近である可能性は高く、Digitimesは23日、ヘルスケア機能が用意された新モデルが2019年前半までに発表されると報じていた。

iOS 12.2」のベータ版にこれらの設定が含まれているということは、「iOS 12.2」が正式リリースされるタイミングで登場すると考えられ、噂通り今年6月までには日の目を見るかもしれない。

Ming-Chi Kuo氏はワイヤレス充電対応の「AirPods」は2019年3月までに発表されると予想していた。

タグ#Hey Siri
「AirPods」新着記事
トレンド検索