Anker、会議用Bluetoothスピーカーフォン「Anker PowerConf」を発売

「コミュニケーションをよりスマートに」をコンセプトとして開発、最大24時間の連続使用が可能

Anker Powerconf

Anker新型Bluetoothスピーカーフォン「Anker PowerConfの販売を開始した。同社初となる会議用スピーカーだ。

Anker PowerConf」は、個人のライフスタイルに合わせた新しい働き方の広がりに着目。「コミュニケーションをよりスマートに」をコンセプトとして開発されたという。

本体には6つの全指向性マイクが360°に配置され、全方位から漏れなく集音することが可能。オートゲインコントロールにより、均一かつ最適な音量で音声を届けることができる。エコーキャンセリング、残響抑制、ノイズリダクション機能など、クリアな通話音質を可能にする機能も実装されている。

Anker Powerconf 1

本体には6,700mAhのバッテリーを内蔵し、最大24時間の連続使用が可能。背面にはAnker独自技術「PowerIQ」を採用したUSB-Aポートも搭載し、モバイルバッテリーとしても機能する。

Anker Powerconf 2

リモートワークが普及する中、「Anker Powerconf」はこれからの時代に必要不可欠なデバイスになるかもしれない。

関連情報
カテゴリスピーカー
タグ#Anker
更新日2020年06月25日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スピーカー」新着記事
トレンド検索