Anker、「Soundcore 3」を発売 大人気スピーカーの音質が進化

音質が改良、専用アプリに対応、充電用端子もUSB-Cに

Soundcore 3 speaker

Ankerは12月10日、Bluetooth 5.0スピーカー「Soundcore 3」の販売を開始した。価格は5,990円。Amazonで12,000件を超えるカスタマーレビューと平均星4.4の評価(2020年12月3日時点)を得ている「Soundcore 2」のアップグレードモデルだ。

デュアルパッシブラジエーターを新たに採用、出力は16Wに

特徴は、音質の強化だという。「BassUp テクノロジー」によるリアルタイムの低音強化に加え、デュアルパッシブラジエーターを新たに採用。チタニウムドライバーを採用することで音の歪みを抑え、高音域でも伸びやかでクリアなサウンドを実現している。

オーディオ出力も最大12Wから16W(8W × 2)まで改良されており、複数台のSoundcore 3または PartyCast対応の Soundcoreスピーカーとペアリングできるようになった。専用アプリを使用すれば、イコライザーの調整、低音強化機能のオン・オフ切り替えが可能だ。

Soundcore 3 1

サイズは約174 × 57 × 59mm、重さは約500g。電池持ちは最大24時間となっており、本体の充電用端子はUSB-Cになった。IPX7を満たし、プールや風呂などでも使用できる。

関連キーワード
公開情報
更新日2020年12月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スピーカー」新着記事
トレンド検索