新型「Apple TV」、正式発表!「A8」チップ搭載、加速度センサーとジャイロスコープ内蔵の「Siri Remote」を同封

AppleTV 4G Remote
これはリビングルームに革命を……起こすのか?映画にもゲームにも興味がない僕にはあまり刺さらなかったが……。

本日、Appleはスペシャルイベントにて以前から噂されていた新型「Apple TV」を正式に発表した

音声操作とタッチパッドを組み合わせた操作方法

概ね噂通りとなっていて、「Apple Remote」に代わり新型リモコン「Siri Remote」を同梱。加速度センサーとジャイロスコープを内蔵している他、Siri用マイクも搭載。タッチパッドを搭載し、「tvOS」を直感的に操作することが可能。

Apple TV
「tvOS」はiOSがベース。専用のApp Storeが用意され、デベロッパーは本日から公開されているSDKを利用してアプリを開発することが可能となっている。

Apple TV
基本的にBluetoothで本体と通信するが、IRトランスミッタも搭載されている。充電用ポートはLightning。電池持ちは3ヶ月。

本体は「A8」チップを内蔵。旧モデルの「A5」チップから大幅に進化している。本体サイズは厚みが1cm増しているが、重さは272gから425gとそれなりに重くなっている。

32GBモデルと64GBモデルが用意され、それぞれ149ドルと199ドルで販売。
Apple TV
10月後半には発売が開始される予定。
Apple TV

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった