「iMessage for Android」、「WWDC 2016」で発表か?!

Iphone and android
当初はソフトウェアの発表がメインとなり、あまり盛り上がりのなさそうなイベントになる雰囲気を醸し出していた「WWDC 2016」。先日、新型「MacBook Air」と」「MacBook Pro」が披露される可能性があると報じられ、突然活気が出てきた。


App Storeの大幅刷新が事前に発表されるなど既に「WWDC 2016」のスタートダッシュは掛かっている感じはするが、本日、また新たに気になる噂が浮上している。

MacDailyNewsによると、Appleは「WWDC 2016」にてメッセージサービス「iMessage」のAndroid対応を発表すると報じている!

クロスプラットフォームでコミュニケーションが可能に

「iMessage」とは、要はiPhoneにある「メッセージ」アプリだ。この「メッセージ」アプリがAndroidデバイス向けにも提供されることによって、現在、iPhone同士しかやり取りすることができない機能が利用可能になる可能性がある。

Appleは基本的にクロスプラットフォーム展開に関してはどちらかというと消極的な方だ。現在はAndroid向けに「Apple Music」を提供しているが、これはアーティストにとってリーチできる範囲が広いことに越したことがないからだろう。


情報元は「Appleの今後の計画を知っている人」としているが、報じているMacDailyNewsは特に過去に正確なリーク情報を報じた実績もなく、信憑性は怪しい。

とは言え、コミュニケーションアプリはよりパーソナライズ化されたデジタルライフにおいて今まで以上に重要度を増している。Googleも先日「Google Allo」を発表している。見た感じではGoogleの強みをフルに活かしたアプリとなっている。


この流れから、「iMessage for Android」が提供される可能性もゼロではない。情報元によると計画は流動的であるため「WWDC 2016」では披露されない可能性もまだあるが、少なくとも2016年中には披露されると伝えている。


WWDC-2016-All-Articles
(via
MacRumors

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告