「Smart Shot」がソニー製レンズカメラの正式名称に?!ホワイトモデルの写真が流出!

ソニー「Smart Shot」 【img via Xperia Blog

iPhoneを始めとしたスマートフォンに取り付けるだけで利用できるソニー製レンズカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」

先日、価格が発覚した同製品だが、Xperia Blogによると、ソニーはこの新製品の正式名称を「Smart Shot」にすると報じているようで、これまで写真で見てきたブラックモデルに加えてホワイトモデルも用意すると報じている!

ホワイトモデルがシャンパンゴールドモデルに合いそう…

情報元であるSonyAlphaRumorsによると、この「Smart Shot」というネーミングは恐らく「Smartphone」と「Cyber-shot」から来ているのではないかと指摘している。

それにしても、今回流出したホワイトモデルが予想以上に良い!上位モデル「DSC-QX100」は約48,000円、下位モデル「DSC-QX10」は約22,000円になると言われているが、「iPhone 5s」は128GBモデルを購入しようと思っているため、例えSmart Shotの下位モデルを購入したとしても総額10万円超え。さすがに厳しい…。ただ、確実にシャンパンゴールドモデルとマッチするだろうな…。

Smart Shotのホワイトモデルを横から見た図。
ソニー「Smart Shot」 【img via Xperia Blog

右側から見た図。
ソニー「Smart Shot」 【img via Xperia Blog

正式に発売・発表されたら確実に手に取って使ってみたいガジェットだ!あぁでも買おうかなどうしようかな…。

(via リンゲルブルーメン

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった