Foursquareのチェックインに特化したアプリ「Swarm」の使い方と新機能の解説

Swarm by Foursquare
「チェックイン」で有名な位置情報サービス「Foursquare」。チェックイン専用のアプリをリリースし、既存のFoursquareアプリと分離することを発表して約1週間後、ついに「Swarm」が正式にリリースされた!


既にFoursquareではチェックイン機能が削除されてしまっているため、チェックインするには新アプリを使う他ない。完全に新しいUIを採用した他、「Plans」や「Neighborhood」など新しい機能も加わっているので、「Swarm」の使い方と新機能の解説をしておく!

「Swarm」のUI解説と使い方

これまで使っていたFoursquareのUIとまるっきりUIが変わってしまったことで使い方がサッパリ分からなくなった、という人も少なくないだろう。僕もつい先程使い始めたのでまだ見落としている機能が一部あるかもしれないが、現段階で僕が把握している「Swarm」のUIと各タブの機能を以下のスクリーンショットで解説しておいた。

Swarm 12
ガラッとUIが変わったことで批判的になりたくなる人もいるかもしれないが、個人的には「Swarm」は位置情報アプリとしては相当考え抜かれて作り直されたという印象を受けた。

アプリを分離させることを発表した理由として、位置情報サービスにおいて「自分の正確な居場所を共有したい」というニーズはなく、「どこに行けば誰に会えるのか」をざっくり把握することができれば十分であることに気付いたと語っている。「Swarm」はまさにそのような「ざっくりと位置情報を把握することができる」UIとなっている。

まずアプリを開いて真っ先に表示されるのは繋がっている人のチェックインを近い順から表示する画面。自分の現在地から150メートル以内・1.5km以内・10km以内、40km以内・それ以上、という5種類の距離間隔で友人を分類されるようになっている。このスクリーンショットでは僕の友人が僕の現在地から40km以上離れた場所にいることを意味している。

従来のFoursquareアプリは2つ目のタブにあるような、具体的なチェックイン場所を時系列で表示する仕様になっていたが、これはあえて2つ目のタブに移動し優先度を下げている。先ほど書いた通り、「Swarm」は互いの位置情報をザックリと把握することをコンセプトとして作られているため、必然的に2つ目のタブに下げられたのだろう。

3つ目のタブは後ほど解説するので一旦飛ばし、4つ目のタブへ。これはFoursquareにもあった通知をまとめるタブとなっている。これまで通知はそれほど目立つ位置に配置されていなかったが、新たに加わった機能もあり通知の重要度を上げたとも考えられる。

新機能「Plans」とは?

では先ほど飛ばした3つ目のタブについて解説する。

ここでは「Plans」と呼ばれる新機能が利用できる。これは簡単に言うと、これから自分が行きたい場所を宣言する機能。わざわざ自分がこれから行く場所を宣言するのもイマイチピンとこない人も多いかもしれないが、Twitterに「これから◯◯へ移動する」とツイートする感覚と同じなのではないかと理解している。

新機能「Neighborhood」とは?

タブではないが、自分のアイコンを左右にスワイプすると「Swarm」のテーマカラーであろうオレンジ色からグレーに切り替わることが分かる。これが新たに導入された「Neighborhood」機能だ。

これは簡単に言うと、自分の位置情報をわざわざチェックインせずに自動で友人に知らせる機能。有効になっていれば1つ目のタブでチェックインせずに自分の現在地を友人に公開することができ、無効になっている場合は自分が最後にチェックインした場所を自分の「現在地」として公開することができる。

人によっては気味が悪いという人もいるかもしれないが、先ほど書いた通り位置情報は厳密には分からない仕様になっている。有効にした場合、自分と友人の距離が実際の位置情報を元にどれほど離れているのかをザックリ把握することができる。逆にチェックインした方がより正確な位置情報を友人に知らせることになる。

そう考えると、「Swarm」が最終的に目指しているのはそもそもチェックインという仕組みによる位置情報共有からの脱却なのかもしれない。なかなか面白い!

「Swarm」でチェックインする方法

最後に、チェックイン専用アプリなので、チェックインする方法を解説しないわけにはいかない。右上のアイコンをタップすると以下のように現在地を元にチェックインスポットが表示されるようになっている。
Swarm
ここからは従来のFoursquareと同様の要領でチェックインするだけ。カメラアイコンの横にあるアイコンはバッジのようだが、どのような使い方をするのかは分かっていない。
Swarm

オススメ
swarm-1.PNG

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法