サファイアガラスの欠点が発覚:価格が高い、重い、そして表面積が大きければ大きいほど割れやすい?!

サファイアガラスの丈夫さ
通常の液晶ガラスであれば間違いなく割れているであろう状況に対して、傷一つ残らないサファイアガラス。サファイアガラス製のフロントパネルに大いなる期待が膨らむ今日この頃だが、果たして本当に採用されるのだろうか。


Engadgetによると、Appleはそう簡単にゴリラガラスからサファイアガラスに乗り換えることはできないのではないかと指摘する。最強の素材であるように報じられているサファイアガラスだが、実はiPhoneで採用されるためにはいくつかの問題があるそうだ。

採用するとしたら「マーケティング上の優位性のため」

現在iPhoneをはじめとした多くのスマートフォンのフロントガラスに採用されているのはゴリラガラス。頑丈であることに加え、サファイアガラスと違い、比較的安価で利用することが可能であるため人気がある。

サファイアガラスは知っての通り折り曲げても刺しても引っ掻いても傷つかないことを最大の強みとして謳っているが、実はサファイアディスプレイの表面積が大きければ大きいほど落下テストに耐えられない可能性が高くなると報じられている。さらにサファイアガラスはゴリラガラスよりも重量があるとのこと。各社メーカーがモバイル端末の軽量化を目指す中、この欠点は大きいのではないのだろうか。

ただ、今のところの情報によると、「iPhone 6」はサファイアガラスを採用するような流れになっている。まだゴリラガラスを利用していた方が良さそうにも見える状況の中、Appleがサファイアガラスを採用する理由があるとすれば「マーケティング上の優位性のため」だという。だからこそ、今はまだ多少高価で欠点もある素材をあえて早い段階で採用しているのではないかという見方もできる。

果たして「iPhone 6」はサファイアガラスをフロントパネルに採用するのだろうか。今の段階では以下のような強化ガラス製の保護フィルムを使ってディスプレイを保護しましょう!





(via Boy Genius Report

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった