Dropbox、最新バージョンで容量の大きいファイルの同期速度を200%以上高速化

Dropbox 【img via Dropbox by ilamont.com

Macを使う上でDropboxは絶対的に欠かせないアプリケーションだ。僕は既に有料プランを契約しているため、現在利用できる容量は188GB。ファイルというファイルは基本的にすべてDropboxの中に入れてある。


ただDropboxにも欠点がある。それは大容量ファイルの同期速度が遅い、ということ。その問題を最新バージョンでは対応したようで、現在はこれまでの同期速度に比べて2倍以上も早く同期できるようになっているそうだ!素晴らしい!

「Streaming Sync」によって同期スピードを高速化

これまでのDropboxは大容量ファイルを他の環境でも同期できるようにするためには、まずはそのファイルを一度サーバー上に完全にアップロードする必要があった。これが今回改善されたポイントで、今後はアップロードするファイルを分割することによってまるでストリーミングしているようにファイルを別環境と同期できるようになり、同期スピードを平均で1.25倍、ものによっては2倍以上高速化することに成功したと発表している。

Dropbox sync time getting faster 【img via The Dropbox Blog

今後、Dropboxで16MB以上の大きなファイルを同期する時に力を発揮する見通し。高速化された同期を含むDropbox最新バージョンは数週間に渡って全ユーザーに提供される。

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ