Facebook上のイベントや誕生日をMacのカレンダー(iCal)に読み込んで同期する方法

Facebook page
最近はFacebookイベントで招待を受けることが増えてきたが、Mac純正のカレンダーアプリではFacebookのイベントを表示してくれない。

調べてみたところ、Facebookのイベントや誕生日は簡単にMacのカレンダーアプリに取り込むことができるので、活用している人は以下をご覧あれ!


Facebookイベントや誕生日を反映する方法

この方法ではFacebookのイベントの他、友達の誕生日も反映することが可能!最近ではFacebookで誕生日メッセージを送るのも風習になりつつあるので、大事な人の誕生日を見逃さないためにも同期しておくべし!

では早速方法を紹介する!

1. イベントページを開いて右上の設定アイコンをクリック

まずはFacebookを開き、左サイドバーにある「イベント」をクリック。ページが表示されたら右上にある設定アイコンをクリックする。

「Export」「Settings」「Help」の3項目が表示されると思うが、「Export」を選択する。

Facebook イベント

2. 「export your friends’ birthdays」「upcoming events」をクリック

以下のような画面が表示されるので、「export your friends’ birthdays」もしくは「upcoming events」をクリックする。自動的にMacのカレンダーアプリが起動するので、確認してOKを押せば反映する!
Facebookイベント

Google Calendarにも反映できるよ!

Facebook側は単にWebcal形式のファイルを吐き出しているだけなので、Macのカレンダーアプリだけではなく、Google CalendarやMicrosoft Outlookにも同じ方法で反映することができる!

世界的にはFacebook疲れが見え始めている今日この頃らしいが、日本はまだまだ伸びる余地がありそうだ。大事なイベントや誕生日を見逃さないように普段使っているカレンダーと同期しておくべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー