【レビュー】防滴ワイヤレスイヤホン「Bose SoundSport」が予想以上に良い!普段使いとしても全然OK!

Bose Wireless SoundSport Earphones
先日、Bose初となるノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン「QuietComfort 35」を購入した。以来、あまりにも快適なので電車の中や作業中などは積極的に使っている。


ただ、「Bose QuietComfort 35」にも欠点が無いわけではない。1番の問題は今の季節、暑すぎてそもそもヘッドホンを外でしてられないということ。ふかふかのイヤパッドが汗を吸収してしまい、ボロボロになりそうなので付けられない。

とは言え、移動中に音楽は楽しみたい。そこで「QuietComfort 35」と同時に発売開始されていた防滴ワイヤレスイヤホン「Bose SoundSport」を買ってみることにした。

結論からいうと、予想以上に良かったので移動中は常にこれを使うようになってしまった。乗せられて購入してしまった僕だが、買ったことを全く後悔していない。それどころか、今の季節はむしろ「QuietComfort 35」よりも「SoundSport」を先に購入した方が幸せになれるのではないかとさえ思い始めてきた。

かれこれ1週間使用した結果、外観や付け心地、音質などについて感じたことをまとめたので、参考にどうぞ!

「Bose SoundSport」の外観をチェック

「SoundSport」は「QuietComfort 35」と同じくなかなかイケてる箱に入ってやってくる。取り出しも簡単でストレスが無い。
Bose Wireless SoundSport Earphones
まずは同梱物をチェック。カラビナ付きのケースとイヤピース2種類、そして充電用のMicro USBケーブルが用意されている。
Bose Wireless SoundSport Earphones
ケースには小さいメッシュポケットがあるため、ここに予備のイヤピースなどを入れておけば良い。
Bose Wireless SoundSport Earphones
続いて本体をチェック!これまでこの手のスポーツ用ワイヤレスイヤホンをいくつか試してきたが、持った時に質感の良さを感じたのは事実。約2万円という価格帯ということもあり、作りはしっかりとしている印象を受ける。
Bose Wireless SoundSport Earphones
個人的にはイヤピースと羽のパーツが一体化されていることが気にっている。別々になっていると鞄の中に放り込んでいる最中にずれてしまうという経験が過去に何度もあったからだ。
Bose Wireless SoundSport Earphones
電源ボタンは右のイヤピース上部にある。このボタンはなかなか押しづらく、慣れるまでに時間が掛かる。僕は未だに何度か失敗してしまう。
Bose Wireless SoundSport Earphones
こちらが左のイヤピース。
Bose Wireless SoundSport Earphones
ケーブルの右耳寄りに用意してあるマイク付きリモコン。ペアリングした状態で通話することもできる。ボタンの押し心地は良好で、「QuietComfort 35」と同じく中央の操作ボタンが音量ボタンに対して凹んでいるため、見ずに操作することができる。
Bose Wireless SoundSport Earphones
ケーブルには服に取り付けることができるクリップも用意されている。
Bose Wireless SoundSport Earphones
ブラックとブルーがあるが、僕はカバンの中で探す手間を考えてブルーにしてみた。ポップなカラーでとても気に入っている。
Bose Wireless SoundSport Earphones
右耳の底面にはしっかりと覆われたMicro USBポートが用意されている。充電する際にはフタを取り外し充電する。1回のフル充電で最大6時間まで連続再生することができる。
Bose Wireless SoundSport Earphones

「SoundSport」で1週間過ごして感じたアレコレ

「SoundSport」をかれこれ1週間以上使ってきた素直な感想をまとめておく!

付け心地、良好!ストレスは今のところ無し

付け心地は良い。個人的にはイヤホンよりもヘッドホン派であるため「QuietComfort 35」には叶わないが、それでもこれまで使っていて耳が痛くなるという経験はまだしていない。多少慣れるまでに数時間は掛かったが、フィットする場所がさえ分かれば問題ない。

音質は好き!良くも悪くも「Boseらしい音」

音質は良くも悪くも「Boseらしい音」なのだろう。比較的フラット寄りで低音少し多めの音が好きな僕としてはイヤホンは常々低音が足りない、もしくは低音が多すぎて他の音が楽しめないのいずれかに苦しめられてきたが、「SoundSport」は僕にとって丁度良いバランスだ。

何かと使える防滴仕様

「SoundSport」は防滴仕様だ。プロモーション動画ではバリバリ運動用のワイヤレスイヤホンとしてアピールしているが、正直、運動用として使わなくても全く問題ないほど音質が良い。むしろ、運動用としてしか使わないと勿体無い



防滴仕様となっているため、汗だくになるこの季節も汗によるイヤホンへのダメージは心配する必要がない。場所を選ばずどこでも使いやすい。

トレーニングに集中できる程良い密閉性

さすがに「SoundSport」にはノイズキャンセリング機能は搭載されていないが、それでも十分な密閉性があるため必要性低減の遮音性はある。よって、公道を走る際には周囲の状況を普段以上に目視で確認するようにした方が良さそうだ。

僕の場合、大通り横の歩道をジョギングすることが多く、車の音で音楽もポッドキャストもまともに聞けなかったことが悩みだったが、「SoundSport」のお陰でトレーニングに集中することができるようになってとても快適だ。

ペアリングする度に知らせてくれる10%単位の電池残量

「SoundSport」の電池持ちは6時間と決して長い方ではないが、ペアリングする度に10%ごとの電池残量を知らせてくれるため、充電するべきタイミングを把握することができ、良い。

買って良かった「SoundSport」!夏はこれで乗り越える!

冒頭でも書いたが、「SoundSport」は予想以上に良い。ハッキリ言って運動用のイヤホンに2万円も払うことはナンセンスだと思っていたが、逆に言えば運動に限らずヘッドホンをしたくないけどワイヤレスで音楽を楽しみたい、という時に使えることを考えると2万円はむしろ安い。

もちろん、先に購入した「QuietComfort 35」もバリバリ使っている。使い分けとしては移動中は「SoundSport」、カフェなど出先で作業する際には「QuietComfort 35」としている。どちらも購入してしまい非常に高い出費となってしまったが、後悔はしていない。

買ってよかった「SoundSport」!夏を乗り越える素敵なワイヤレスイヤホンを探している人は購入を検討するべし!


併用して使っているノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレス音声ヘッドホン「QuietComfort 35」のレビュー記事も併せてどうぞ!
オススメ
Bose-Wireless-Sound-Sport-Earphones-12.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. amazon-go.png
    精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. YoT_JP_1_TPM.001.jpeg
    Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法