Apple、「MacBook Air (Mid 2012)」をオブソリート製品に追加ーー修理サポートは部品在庫があれば対応

Goran ivos 771531 unsplash macbook air

Appleが2018年8月31日をもって「MacBook Air (Mid 2012)」を「ビンテージ製品とオブソリート製品」に追加することが明らかになった。

従来はオブソリート製品となった場合、対象の製品をApple Storeや正規サービスプロバイダに持ち込んでも修理サポートを受けることができなくなるが、MacRumorsによると、Appleは試験的に同デバイスの修理サポート受付期間を、部品在庫があれば継続する「ビンテージApple製品修理パイロットプログラム」を実施する方針であると伝えている。

試験的な取り組みにつき、急遽サポートを終了する可能性も

Appleは今年2月、このサポート延長プログラムなる取り組みを21.5/27インチ型「iMac (Mid 2011)」で試していたが、対象国はアメリカおよびトルコのみ。全世界の地域が対象となり、サポート期間を延長するのは今回が初めてとなる。

部品在庫があれば、MacBook Air (Mid 2012)」の修理サポートは2020年8月31日まで継続する方針。Apple StoreおよびAppleの正規サービスプロバイダにてハードウェアの不具合を診てもらうことができる。

日本および米国ではサポート期間中、配送修理も受け付けるとのこと。

21.5/27インチ型「iMac (Mid 2011)」も当初は8月31日までの修理サポートを受け付ける方針だったが、2019年1月1日まで延長されている模様。ただし、これらの修理サポートは引き続き米国およびトルコのみとなっているため、日本では受けられない。

これらの取り組みはあくまでも試験的なものであるため、Appleのさじ加減で修理対応をしてもらえない可能性がある。また、そもそも対応可否は部品の在庫次第であるため、手元の「MacBook Air (Mid 2012)」を見てもらいたい人は早めにApple Storeや正規サービスプロバイダに持ち込んだほうが良さそうだ。