AppleはAmazonに毎月30億円以上支払っている?!

Technology 3389885 1920 server

Appleが各種サービスを提供するためにはAmazonの存在が必要不可欠。というのも、実はAppleはAmazonのクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を使用ししているからだ。

一体、いくらのお金が動いているのか。CNBCが両社の契約に精通した人物からの情報によると、毎月の利用料は3,000万ドル(約33億円)以上掛かっているそうだ。

AppleのAWS費用はLyftやPinterestの3倍以上

Appleは2019年第1四半期におけるAWSの利用料として、平均して毎月3,000万ドル以上支払っているとのこと。これは、昨年比で10%以上増えている

単純計算で、このまま毎月同額を支払い続けた場合、AppleがAmazonにAWSの利用料として年間支払う金額は3億6,000万ドルになる。2018年には3億5,000万ドル支払っていることから、このペースが続けば少なくとも1,000万ドル(約1億円)以上増加する見通し

この金額は他の企業と比べるとどうなのか。運送ネットワーク企業のLyftは2021年末までに最低でも3,000万ドル、Pinterestは2023年末までに7,500万ドルの支払いを約束。平均するとそれぞれ年間1億ドル、1億2,500万ドルとなっていて、Appleの3割以下。

ちなみに、Googleが2018年にAppleに支払った「iOSデフォルト検索エンジン」費用は年間90億ドルと言われている。いかにAmazonへの支払額が大きいかがよく分かる。

具体的にどのサービスをAWSで運用しているかは明らかになっていないが、少なくともiCloudは使用していることが分かっている。

iPhoneの売れ行きが停滞し始め、サービス部門を次なる金のなる木と見ているApple。Amazonへの支払いは益々増えそうだ。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索