Anker、本格プロジェクター「Mars II」「Prizm II」を発表

Nebulaシリーズ最高輝度のモデルと、Nebulaシリーズ初の据え置きモデル

Anker Power Conference 19 Summer New Products and services 07

Ankerは6月6日、プレスイベント「Anker Power Conference – ’19 Summer」にて、高い輝度と解像度を実現した持ち運び可能なプロジェクター「Mars II」と、家庭やオフィスでの利用を想定した据え置き型プロジェクター「Prism II」を発表した。

Nebulaシリーズ最高の明るさを実現した「Mars II」

Anker Power Conference 19 Summer New Products and services 09

「Mars II」はAnkerのNebulaシリーズ最高となる300ANSIルーメンの明るさを実現。最大150インチに対応し、「Android 7.1」を搭載しているためYouTubeや「プライム・ビデオ」などを楽しむことができる。

重さは約1,483g、サイズは約122 x 137 x 178mm。解像度は1,280 x 720画素となっていて、動画再生時間は約4時間。

Anker Power Conference 19 Summer New Products and services 10

価格は69,800円、販売時期は2019年夏を予定している。

Anker Power Conference 19 Summer New Products and services 11

Nebulaシリーズ初の据え置き型プロジェクター「Prism II」

Anker Power Conference 19 Summer New Products and services 12

「Prism II」はNebulaシリーズ初の据え置き型プロジェクターとなっていて、1,920 x 1,080画素の高繊細な映像を投影できることが特徴。

20インチから120インチまでの映像投影に対し、±40°まで対応する台形補正機能も搭載。輝度は最大200ANSIルーメン。

価格は未定、販売時期は2019年夏を予定している。

タグ#Anker
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ガジェット」新着記事
トレンド検索