Appleのサブスク加入者、過去12カ月で1.6億人増加

現在のサブスク加入者数は8億6,000万人以上

Apple One

Apple公式サイトよりキャプチャ

Appleのサブスクリプションサービス課金者数は現在、8億6,000万人以上いる。CFOのLuca Maestri氏によると、過去12カ月間で登録者数は1億6,000万人増えたという。各サービスにおけるユーザー数の詳細は言及していないが、Apple TV+およびApple Arcadeが好調であると明らかにした。

Appleは、Apple MusicApple TV+、Apple News、iCloudなど、幅広い定期購読サービスを用意。2020年10月には、サブスクの一括契約プラン「Apple One」が提供開始されている。

Appleは現地時間7月28日、2022年第3四半期の決算を発表。多くの製品ジャンルが前年同期比で減少を記録する中、サービス部門は12%増だった。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年07月29日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:631975)

    > 2022年10月には、サブスクの一括契約プラン「Apple One」が提供開始されている。
    2020年、ですかね?

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索