「WWDC 2017」のライブ中継サイト一覧(日本時間6月6日午前2時〜)

WWDC 2017 Live Streaming Sites

2017年の「Worldwide Developers Conference」、通称「WWDC 2017」がついにスタートする!世界中にいるAppleのエコシステムで日々開発をしているデベロッパーのためのカンファレンスは今日から5日間、毎日お祭り騒ぎだ!

基調講演は現地時間6月5日午前10時から(日本時間6月6日午前2時から)行われる。開催場所はSan Joseに建設されたApple新本社の近くにある「McEnery Convention Center」。

昨年同様にiOS・macOS・watchOS・tvOSを中心としたソフトウェアに関する発表内容はありつつも、今年は10.5インチ型「iPad Pro」やSiri搭載スピーカー新しい「MacBook Pro」、12インチ型MacBook、そして13インチ型「MacBook Air」が発表されると噂されている。

個人的には10.5インチ型「iPad Pro」と「iOS 11」の組み合わせに注目しているが、Siriは機能が拡張され、より多くのアプリと連携可能になると噂されていることからSiriスピーカーの話題は盛り上がりそうだ。

また、Appleが新型MacBook、iPad、Magic Keyboardなどを近日中に発表することを示唆する資料がユーラシア経済連合に提出されたことが判明。App Storeにおいてデベロッパーへの累計収益額が700億ドルを突破したことや「Swift Playgrounds 1.5」の新機能紹介を事前に行っている点からして、どうやら今年のWWDCは相当盛り沢山になりそうな予感。

すべてはTim Cook氏の登壇とともに明らかになる!毎年恒例となっている、イベントをライブ中継してくれる国内と海外のサイト・メディア・ブログを一覧にしてまとめたので、WWDC 2017」をリアルタイムで見たいという人は活用するべし!

※随時更新中なので、載っていないサイトがあればTwitterFacebookページで教えてください!

gori.meでは最新情報をFacebookページ(@gorime)、Twitterアカウント(@planetofgori/@gori_me)に加え、プッシュ通知Feedlyで配信中!是非フォローを!

Apple公式のライブストリーミング配信

例年通り、Appleは今年もライブ中継を行うことを発表している

Requirements: Live streaming uses Apple’s HTTP Live Streaming (HLS) technology. HLS requires an iPhone, iPad, or iPod touch with Safari on iOS 7.0 or later, a Mac with Safari 6.0.5 or later on OS X v10.8.5 or later, or a PC with Microsoft Edge on Windows 10. Streaming via Apple TV requires an Apple TV (2nd or 3rd generation) with software 6.2 or later or an Apple TV (4th generation).

via Apple Events – Apple Event – WWDC Keynote June 2016 – Apple

今回のライブ中継はAppleの「HTTP Live Streaming(HLS)」テクノロジーを使用。iPhone、iPad、iPod touchの場合は「iOS 7.0」以上のSafari、Macの場合は「OS X 10.8.5」が動作し、Safariのバージョンが「6.0.5」以上。

「Apple TV」の場合、「ソフトウェア6.2」以上が動作する第2世代または第3世代のモデルまたは第4世代のモデルであることが条件。Windows機の場合は「Windows 10」以上で「Microsoft Edge」に限定される。

視聴条件をまとめると以下の通り:

デバイス 視聴するための条件
iPhone、iPad、iPod touch 「iOS 7.0」以上のSafari
Mac 「OS X 10.8.5」が動作し、Safariのバージョンが「6.0.5」以上
Apple TV 「ソフトウェア6.2」以上が動作する第2世代または第3世代のモデルまたは第4世代のモデル
Windows機 「Windows 10」以上で「Microsoft Edge」に限定

国内サイト・メディア・ブログ(日本語で中継)

まずは日本語で最新の情報を中継してくれるサイト・メディア・ブログをまとめておく!上記で紹介したApple公式のライブストリーミングと並べて見ることに寄って英語が分からなくてもリアルタイムで楽しめるのでオススメ!

macwebcaster.com

ギズモード・ジャパン

海外サイト・メディア・ブログ(英語で中継)

続いて、こちらが英語で最新の情報をライブ中継すると表明しているサイト・メディア・ブログ。こちらは発表の様子を文章でリアルタイム更新している。特徴は更新スピードが早いこと。万が一Appleのライブ中継が途切れてしまってもこちらをチェックしておけば内容は確認できるのでオススメ。

The Verge(準備中)

Gizmodo

Macworld UK

iMore

TechnoBuffalo

Mashable

Ars Technica

CNET

もっと読むWWDC 2017まとめ