After Effects、AppleシリコンMacをネイティブサポート

M1 Macは2倍高速、M1 Ultra Mac(Mac Studio)では最大3倍高速に動作

Adobe After Effects M1 native

Adobe

Adobeは4月12日、After Effectsが最新バージョンで、Apple M1チップをネイティブサポートするユニバーサルアプリにアップデートされたと発表した。前世代のMacと比較して、M1 Macは2倍高速、M1 Ultra Mac(Mac Studio)では最大3倍高速に動作する。

「ロトブラシ2」や「シーン編集の検出」など、Adobe Senseiを利用した機械学習機能が高速化されており、再生がスムーズになった。M1 Ultra Macにおいて、EXRのデコードは2倍高速化、ProResのデコードは最大4倍も高速化しているという。

Media 1d72f51cd8c7e910160b5b6e4f0354394941de435
Adobeより

「シーン編集の検出」は、レンダリング済みのクリップの編集点を自動的に識別し、カットポイントにマーカーを配置したり、クリップを個別のレイヤーに分離できる機能。編集したビデオクリップの一部を再利用したり、特定のクリップにモーショングラフィックスやビジュアルエフェクトを適用したりすることが、より迅速かつ容易にできるという。

他にも、フレームのエッジを超えてコンポジションビューを展開し、コンポジション領域の外側を表示する「拡張ビューワ」、Creative Cloud用Frame.ioとの統合などが追加されている。

最新バージョン(バージョン 22.3)の新機能やこちらから確認してもらいたい。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索