f値、シャッタースピード、ISO感度を解説した画像が分かりやすい

Canon camera

【img via BigTallGuy

一覧レフカメラやミラーレス一眼カメラを購入する人が増えている一方で、なぜか「自動モード」でしか撮影しないという人がいる。これはあまりにも勿体無い!

ただ、カメラ初心者にとって「絞り」や「ISO感度」はよく分からない。「シャッタースピード」も言葉の意味はなんとなく分かったとしても、早くしたり遅くしたりすることによって撮れる写真がどのように変わるのか分からないという人も多いだろう。

Fotoblog Hamburgが公開していたf値、シャッタースピード、ISO感度の関係性をまとめた画像が分かりやすかったので、紹介する!

絞り値(f値)を小さくするとボケ味が増し、ISO感度を上げると写真が粗くなる

個人的に未だに混乱してしまうのだ絞り値(f値)。絞り値が小さければ小さいほど取り込む光の量は大きく、より狭い範囲にピントが合うためボケ味が強くなる。

混乱し易いのは「絞り値を小さくすること」を「絞りを開く」「開放値にする」などと表現すること。つまり、f値の数値が小さくなるのにも関わらず、「開く」という、値が大きくなる表現を使うことが分かりづらいのではないだろうか。

シャッタースピードは早ければ早いほどブレないピタッとした写真を撮影することが可能。ISO感度は数値が大きければ大きいほど明るく撮れる代わりに写真が粗くなってしまうが、最新の機種は高いISO感度でも粗くならないことも強みとしている。

以下、参考にどうぞ!

CheatcardV2 90x50mm en
【img via Fotoblog Hamburg

「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」をそれぞれ組み合わせて最適な設定で撮影しなければならないので、この画像1枚では完結しないが、まずはそれぞれの言葉が意味することを理解するための情報としては十分に役立つのではないだろうか。

僕自身、「Canon EOS 70D」を愛機として商品写真から人物写真、スナップショットまで気軽に撮っているが、全自動で撮るよりも自分で細く設定を変えながら撮影をした方が断然楽しい。実際に撮ることによってより理解が深まり自然とベストな組み合わせが分かるようになる……と信じてシャッターを切っている。

自分は写真が決して上手いとは思わないが、撮らなければ上達しないのでこれまで全自動で撮影している人は上記の画像を参考に設定を変えながら一眼カメラの写真撮影を楽しむべし!

坪田将知さんの「カメラの基礎講座」が非常に参考になる

上記をより分かりやすく初心者向けに解説した画像がTwitterで話題になっていたので、あわせて紹介する。

1枚めはシャッタースピード、ISO感度、F値の大小によってどのような変化があるのかを解説した画像と「P」「A」「S」「M」などカメラに用意されている各種操作モードの解説がされている。

2枚めは「レンズ・センサー編」として、広角・標準・望遠の違い、フルサイズ・APS-C・マイクロフォーサーズの違いなどについても解説されている。

関連情報
更新日2018年04月05日
コメント(13件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. kei

    欲を言えば、

    ・絞りのボケの効果、つまり被写界深度の変化は、背景だけでなく被写体の前側にも起こることの表現
    ・左側に行くに従い「露光量が少なくなる」ことの記載(絞りとシャッター速度の順序の表記を逆にせず、相関図にしなかったのはこれを言いたかったのでは推測。)

    上記2点があればパーフェクトでしたね。

    1. g.O.R.i

      keiさん>ホントそうですねええええ!!!いやあ本当に惜しい。やはり画像1枚では表現できる内容に限界があるんですねえ。

  2. 撮影シミュレーションなら下記サイトでできるようです
    http://canonoutsideofauto.ca/play/

    1. g.O.R.i

      道さん>おおお!これは便利そうですね!あとで遊んでみます٩(๑´3`๑)۶

  3. しょしん

    相関関係も知りたいです。
    ISOを1段上げればシャッタースピードを1段遅くしても同じとか。

    1. g.O.R.i

      しょしんさん>僕も知りたいんですよねー、そこまでまとめている画像だったら最高なんですけどねー。゚(゚´Д`゚)゚。

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索