Google、検索結果が「スマホ対応」しているかを表示する仕様に

Mobile Friendly
調べたい内容をググった時、気になる検索結果をタップした結果、スマホに最適化されているページではなかった時の残念さは相当なものだ。iPhoneやAndroidスマートフォンを持つのが当たり前になっている今の時代、未だにPCビューを表示しているウェブサイトは注意した方が良い。


本日、Googleは検索結果がモバイルに最適化されているかを表示する仕様を発表した

数週間以内に全世界のGoogle検索結果に反映

モバイルに最適化されているウェブサイトである場合、冒頭のスクリーンショットの通りウェブサイト名とURLの下に「スマホ対応(英語表示はMobile-friendly)」というラベルが表示される。

「スマホ対応」と表示されるためには以下の条件を満たす必要があると案内されている。

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

via Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために


「スマホ対応」をチェックできるツールを活用するべし!

自分の運営しているウェブサイトが上記条件を満たしているかどうかを確認するかを簡単に確認するために、Googleは「Mobile-Friendly Test」というテストページを公開している。

テストしたいURLを入力し、「ANALYZE」をクリック。
Mobile friendly test
Googleの「スマホ対応」基準を満たしている場合、下記のような結果が表示される。gori.meは無事パスすることができました!
Mobile friendly test results
パソコンを開くことなく、スマホでググることが当たり前となっている今の世の中でスマートフォン対応をしていないウェブサイトはユーザー離脱の原因にも成り得る。スマホに最適化するのは手間が掛かるのはとても良く分かるが、未対応のウェブサイトはこの機会に重い腰を上げて対応した方が良いのではないだろうか。

(via The Next Web

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に