【iOS 8】通知センター内にウィジェットを表示・削除する方法【使い方】

Notification center widgets
iOS 8」から通知センターにサードパーティ製ウィジェットを追加できるようになった

iPhone以外のスマートフォンを使ったことがない人はそもそもウィジェットが何かよく分からないという人も多いかもしれない。ウィジェットは簡単に言えばアプリを起動せずに一部機能が利用できる、アプリの超簡易版。Androidスマートフォンにとっては長いこと当たり前として提供されてきた機能だが、iPhoneは「iOS 8」にアップデートされてようやく対応した。

ウィジェットは画面上から下方向にスワイプすると表示される「Notification Center(通知センター)」内に表示される。「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」、または手元にあるiPhoneを「iOS 8」にアップデートしたのであればこのウィジェット機能は活用した方が断然便利なので、その使い方を紹介する!

通知センター内から有効にしたいウィジェットを選ぶだけ

実は普段開いている通知センターにその機能があることさえ知らずに使っているかもしれない。それほどさりげない存在ではあるが、使いこなせばいつでもどこでもアクセスできるので、アプリを立ち上げる手間が減ったり、欲しい情報がすぐ確認できるなど、とても便利なのだ。

まず通知センターを表示すると上には「今日」と「通知」という2つのタブがある。これらはそれぞれのボタンをタップする他、左右のスワイプで行ったり来たりできるようになっているのだが、「今日」のタブを表示すると一番下の方に「編集」と書かれたボタンが追加されていることが分かる。
Notification center widgets
これをタップすると表示中のウィジェットの他、表示可能なウィジェットも一覧で表示される仕組みになっている。赤いマークが付いている項目は現在ウィジェットとして表示されているもので、赤いマークをタップすれば非表示にすることが可能。緑色のマークが付いている項目は現在非表示になっていてタップすれば表示することが可能。
Notification center widgets
今回はEvernoteのウィジェットを表示してみることに!緑色のアイコンをタップして表示中に変更。
Notification center widgets
ちなみに個人的にオススメのウィジェットは「Yahoo!乗換案内」のウィジェット。「通勤タイマー」というウィジェットが用意されていて、最寄り駅の電車がいつ頃発車するのかがタイマー形式で分かるのだ。気になる人は無料なのでアプリをダウンロードしてウィジェットを有効にしてみるべし!


「iOS 8」を使いこなすTipsをチェック!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法