新型iPad Proは4月後半発売?ミニLEDモデルは発売が遅れる可能性も

ミニLEDディスプレイは12.9インチモデル限定

Daniel romero GarQH2Qtn1E unsplash

新型iPad Pro(2021)は、早ければ4月後半に発売する可能性がある。Bloombergによると、サプライヤーの製造歩留まり率の低さにより、在庫不足が懸念されるという。

特にミニLEDモデルは発売当初から在庫不足の可能性が高い?

iPad Pro(2021)は11インチと12.9インチの2種類あり、ミニLEDディスプレイは12.9インチモデル限定。部品の供給量不足により、Appleは12.9インチモデルの発売時期を11インチより遅らせて発売する可能性がある。一部ミニLEDメーカーは、歩留まりの低さを理由に製造を停止したとの情報もある。

Nikkei Asiaは今月8日、世界的な部品不足によりMacBookとiPadの一部モデルが生産遅れに直面していると報じていた。また。予測的中率97%を誇るリーカーのKang氏はiPad Pro(2021)が4月半ばに登場すると予測していたが、遅れて登場するのはミニLEDモデルではなくセルラーモデルと指摘していた。

iPadは昨年、新型コロナウイルスの影響で売上が大幅に増加。iPadの売上は2020年4月〜6月の期間中、前年同期比で31%増を記録。iPad Pro(2021)はミニLEDディスプレイの追加に加え、M1チップのパフォーマンスに匹敵する新チップの搭載、Thunderbolt/USB4ポートの採用、カメラ性能の向上が予測されている。

新型iPad Proの発売時期に関する最新情報

5本の記事を表示する
関連情報
更新日2021年04月12日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索