「iPad Pro」の解像度が高すぎる問題ーー初代iPhoneアイコンの間に収まると話題

Ipad pro vs original iphone
【image via 9To5Mac

iPad Pro」はとにかく巨大だ。先ほど僕の手元にも実機がようやく届いたが、片手で持っていると筋肉痛になりそうな勢いだ。

物理的にも大きいが、解像度的にも相当だ。2732✕2048ピクセルの12.9インチディスプレイで撮影した写真を見ると良い点も悪い点も丸裸になる勢いだ。

実際、「iPad Pro」の解像度はどれほど高いのか。Dennis Munsie(@dmunsie)さんによると、「iPad Pro」はアイコンの間に初代iPhoneが収まるほど高い解像度であることが判明した!

アイコン同士の間隔は324ピクセル、初代iPhoneは320ピクセル

Dennis Munsieさんのツイート初代iPhoneのディスプレイは320✕480ピクセルだったが、「iPad Pro」のアイコン同士の幅は324ピクセルであることが判明。左右に2ピクセルずつの余裕を持って初代iPhoneがすっぽりと収まるのだ!

ちなみに「iPad Pro」のディスプレイ内にはなんと初代iPhoneが30台以上収まるとのこと。

気になる物理的なサイズだが、下記ツイートを見る限りでは少なくとも初代iPhoneを上下3列で合計9台は収まりそうだ。実物を見るとよく分かるが、12.9インチディスプレイはとにかく巨大なのだ。

下記スクリーンショットは「iPhone 3G」・「iPhone 4」・「iPhone 5」・初代「iPad」の4つのデバイスを横一列に並べたもの。「iPad Pro」にこれら4つのデバイスが収まるということ自体、恐ろしい。
Ipad pro more screen comparisons copy
【image via 9To5Mac

iPhone 6 Plus」でもこの余裕。いかに「iPad Pro」の解像度が高いかがよく分かるのではないだろうか。
Iphone 6s ipad pro
【image via 9To5Mac

iPad Air 2」を上回る大きさの「iPad Pro」。プロユースに耐え得るデバイスであるかどうかは今後使ってみて考えていきたいが、少なくとも解像度に関してはトップクラスであることは間違いなさそうだ。

Apple Online Storeで「iPad Pro」をチェック!

(via 9To5Mac