【レビュー】CIO-G65W1C:世界最小級の65W充電器

Apple純正20W電源アダプタと同じサイズで3倍以上の出力

CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 01

M1 MacBook Proは、電池持ちが非常に長い。使い方次第では朝から晩まで一度も充電せずに過ごせるが、充電器を全く持ち運ばないのは不安だ。

これまではCIO-G65W2C1Aガジェットポーチに入れても運んできたが、世界最小級の65W充電器「CIO-G65W1Cの登場により、スタメンが交代。メーカーよりサンプルを提供してもらったので、紹介する。

他社製品と比べて驚く、圧倒的なコンパクトさ

CIO-G65W1Cの強みは、何と言ってもコンパクトさだろう。指先で持てるサイズのUSB充電器が、最大65Wもの出力が可能とは驚きだ。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 00

ポートはUSB-Cポート1つのみ。シンプルでわかりやすい。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 02

重さはわずか81gだ。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 05

CIO-G65W1Cのコンパクトさは、AnkerやRAVPowerなどの人気製品と比較すれば一目瞭然だ。

60Wクラス人気商品のRAVPower製品より小さい

60Wクラスの人気商品といえば、RAVPowerのRP-PC112だろう。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 11

どちらもUSB-Cポートを1つ搭載しているが、CIO-G65W1Cのほうがコンパクトに仕上がっている。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 12

Apple純正20W電源アダプタと同じサイズ

20W USB-C電源アダプタとほぼ同じ大きさだが、出力の差は3倍以上もある。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 10

Ankerの30W電源アダプタと同じサイズ

最大30W出力のAnker PowerPort III miniとほぼ同じサイズだ。出力の差は2倍以上。どうせ持ち運ぶなら、出力の高いほうが役立つシーンが増えるだろう。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 06

出力と発熱の確認

電池残量が0%だった13インチ型MacBook Pro(2018)にBelkin製のThunderbolt 3ケーブルを接続し、出力を確認した。最大出力の65Wは確認できなかったが、電池残量がなかったこともあり、60W弱の出力をキープしていた。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 04

コンパクトサイズのUSB充電器は、持てなくなるほど発熱する場合がある。RP-PC112は表面は70℃以上を記録するなど不安の残る設計だったが、CIO-G65W1Cは一定時間計測後も50℃を超えることはなかった。非常に優秀だ。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Warmth 01

CIO-G65W1Cレビュー:コンセントの負担も少ない極小サイズ

CIO-G65W1C

普段持ち運ぶUSB充電器は、USB-Cポートが1つあり最大でも61W出力が確保できていれば、M1 MacBook Proを充電できる。CIO-G65W1Cのサイズは4 x 5 x 2.8cm、重さは81g、最大出力が65W。すべての条件を満たしている。

これまで使用していたCIO-G65W2C1AはUSB-Cのポートが2つ、USB-Aポートが1つあった。複数デバイスを同時に充電するときは便利だが、細長いデザインゆえに壁のコンセントに差し込む場合、コンセントおよび本体のプラグに負担が掛かる。CIO-G65W1Cはその心配がない。

M1 MacBook Proの驚異的な電池持ちがあれば、充電する必要はほとんどないだろう。万が一のために持ち運ぶUSB充電器として、CIO-G65W1Cを買ってみてはどうだろうか。

ポート数不足はCIO LilNob Shareで解決

USB-Cポートが1つでは足りない、という人は3つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載したCIO LilNob Shareがおすすめだ。CIO-G65W1Cと比べると一回り大きいが、十分小さい。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 08

RAVPowerのRP-PC112とほとんど同じサイズだ。
CIO G65W1C 65W USBC Charger Review 13

単一ポートでは最大65W仕様であることに変わりないが、USB-Cポートを2ポート同時使用で45W+20W、3ポート同時使用で20W+20W+20Wになる。Macの充電をメインに考えているのであれば45W以上の出力が確保されるCIO-G65W2C1Aのほうが優れてるが、スマホやタブレットなどを複数台同時に充電する目的であればCIO LilNob Shareのほうが便利だろう。

CIO-G65W1C
7.7/10
特集
公開情報
更新日2021年02月23日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:597195)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:597194)
    冒頭の「充電器を全く持ち運ばないのは普段だ。」にちょっと違和感が、、、。その後「保険の為に充電器を買ってみては?」という話しの流れからすると、「普段だ」ではなく「不安だ」でしょうか?

    不安だですね、即直します!笑

  2. 通りすがりの読者(コメントID:597194)

    冒頭の「充電器を全く持ち運ばないのは普段だ。」にちょっと違和感が、、、。その後「保険の為に充電器を買ってみては?」という話しの流れからすると、「普段だ」ではなく「不安だ」でしょうか?

「iPhone用USB充電器」新着記事
トレンド検索