【レビュー】CIO-G65W2C1A:USB-C×2+USB-Aの最大65W出力USB充電器

重さ約100g、手のひらサイズながら、iPhone、iPad、MacBookを同時に充電可能なUSB-C/A充電器

CIO G65W2C1A USB Charger Review 13

CIO-G65W2C1A」は、次世代半導体GaN(窒化ガリウム)を採用した新しいUSB充電器。軽さとコンパクトさもさることながら、2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートを搭載し、3つのデバイスの同時充電が強み。最大65W出力に対応し、13インチ型MacBook Proであればフルスピードで充電可能だ。

先行してサンプルを提供してもらったので、CIO-G65W2C1Aのデザイン、使い勝手、実用性をチェックする。

本体重量は軽いが、コンセントに負担のかかるデザインは懸念点

上から順に、2つのUSB-Cポートと1つのUSB-Aポートが搭載されている。USB-CポートはPower Delivery 3.0、USB-AポートはQualcomm Quick Charge 3.0をサポートする。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 01

出力仕様は以下のとおり。

USB-C1/C2出力 3.3V-11V=3A,5V/9V/12V/15V=3A,20V=3.25A(65W)
USB-A出力 4.5V=5A,5V=4.5A,9V=3A,12V=2.5A,20V=1.5A(30W)

折畳式プラグを内蔵している。プラグの出し入れはしやすい。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 02

サイズは、約66 x 41 x 30mm。手のひらに十分収まるサイズだ。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 04

重さは104.4g。Apple純正の61W USB-C電源アダプタと比べて約半分の重量だ。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 14

本体は細長く、電源タップに挿す場合は左右のコンセントに干渉しづらい。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 05

一方壁のコンセントに差し込む場合、コンセントおよび本体のプラグに負担が掛かるデザインである点は懸念点だ。家具の裏など狭い空間にあるコンセントは、利用が難しいだろう。極小の延長コードがあると安心かもしれない。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 06

出力や本体の発熱(充電中の本体温度)を確認

CIO-G65W2C1Aを使用し、13インチ型MacBook Pro(2018)を充電すると、約56Wの出力が確認できた。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 07

MacBook Proを接続した状態で、MacBook Air(2018)を接続したところ、MacBook Proへの出力は約41Wまで低下した。MacBook Airへの出力は17Wだった。
CIO G65W2C1A USB Charger Review 10

3つのポートを同時使用時、本体の発熱は最高50度が確認できた。触ることができないほどの熱さではないが、熱がこもりやすい場所での使用は避けたほうが良いだろう。
CIO G65W2C1A USB Charger Heat 01

まとめ

CIO G65W2C1A USB Charger Review 11

約60Wの出力が可能なUSB-C充電器として「RP-PC112」や「Anker PowerPort Atom III 60W」もあるが、3ポートを搭載する製品は非常に稀だ。その分他の製品と比べて値は張るが、コンセントの数が限られた場所では役立つだろう。

CIO-G65W2C1A
7.5/10
特集
関連情報
更新日2020年06月08日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用USB-Cアクセサリ」新着記事
トレンド検索