「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に

This is the iPhone 8

2017年のiPhoneは「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」という説もあれば「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」になるという説もあるが、希望としては当然後者だ。「10周年モデル」として歴史に名を残すような劇的な進化を遂げて欲しいという思いがある。

そんな僕らの夢と希望を詰め込んだ、iPhone 8」「iPhone 8 Plus」そしてハイエンドモデル「iPhone 8 Pro」を描いたコンセプトイメージHandy Abovergleich氏が描いて公開していたので、紹介する!現在報じられている関連する噂と併せてどうぞ!

f1.7の1,600万画素カメラ搭載、光学手ブレ補正対応

This is the iPhone 8

外向き(iSight)カメラは光学手ブレ補正に対応したf1.7の1,600万画素を搭載し、4K動画の撮影に対応。すべてのモデルはデュアルレンズカメラを搭載し、カメラの突起がなくなっていることを想像している。内向き(FaceTime)カメラは800万画素。

関連する噂

ベゼルレスの有機ELディスプレイを搭載

This is the iPhone 8

有機ELのベゼルレスディスプレイになった「iPhone 8」。本体上部にはメインのディスプレイとは独立した有機ELディスプレイのステータスバーを用意し、本来ステータスバーに表示される電池残量や通信状況を常時表示することが可能に。

関連する噂

新しいホームボタン、虹彩スキャナー搭載

This is the iPhone 8

虹彩スキャナーを搭載することを想像しているこの「iPhone 8」のコンセプトイメージ。「Touch ID」だけではなく、虹彩スキャンによるロック解除を導入することによってセキュリティ性能を高めることが狙い。

ホームボタンも廃止され、ディスプレイに埋め込まれる形になっている。よって本体の下部も事実上、ベゼルレスになるということだ。

関連する噂

ガラス製ボディ、ジェットホワイトモデルを用意

This is the iPhone 8

iPhone 4」のように本体の表と裏はガラス製になり、ステンレススチール製のフレームになると想像されている「iPhone 8」。「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone 8 Pro」の3モデルに対し、シルバー、ジェットブラック、ローズゴールド、ゴールドに加え、ジェットホワイトとスペースブラックも含む6色展開になることを想像している。

関連する噂

Apple Pencil」が利用可能に

This is the iPhone 8

冒頭からちょこちょこ出てきている「iPhone 8 Pro」という言葉。このモデルは5.8インチディスプレイを搭載し、「Apple Pencil」に対応することをイメージ。「Galaxy Note」シリーズに対抗する機種として登場するイメージだろうか。

ワイヤレス充電対応とUSB-Cポートの採用

This is the iPhone 8

ワイヤレス充電の噂が絶えない次期iPhoneだが、当然ながらこのコンセプトイメージにもワイヤレス充電対応が想像されている。169.99ドルで別売りされている純正のワイヤレス充電台の価格が妙にリアル。3メートル離れていても充電することができるそうだ。

また、Lightningポートを廃止してUSB-Cポートになることも想像している。これは個人的にも気になるところ。これまで買い込んできた大量のLightning製品を買い換えるのは正直つらいなあ……。
This is the iPhone 8

関連する噂

この「iPhone 8」のコンセプトイメージは現段階で考えられる最強のiPhoneだ。もちろん、あくまでも非公式のコンセプトイメージであり、妄想をハイクオリティな画像で具現化しているに過ぎないことをお忘れなく!

もし2017年モデルがこのような仕様だった場合、凄まじい盛り上がりを見せるだろうなあ。期待したい……。