2018年の液晶ディスプレイ搭載iPhone、ポップなカラー展開か

iPhone 5cが売れないのはケースのせい?

iPhone 5c」の復刻?!

2018年には「iPhone X」のような有機ELディスプレイ搭載モデルが2種類、「iPhone 8/8 Plus」のような液晶ディスプレイ搭載モデルが1種類、合計3種類のiPhoneが発表されると噂されているが、Rosenblatt証券のアナリストJun Zhang氏によると、液晶ディスプレイ搭載モデルはブルー、イエロー、ピンクを含むポップなカラー展開が用意されるStreetInsiderが伝えている!

Appleは今後、毎年3種類の新型iPhoneを発表する?!

同アナリストによると、Appleはハイエンド機種として位置づけている有機ELディスプレイ搭載モデルとの差別化要因として、カラー展開を挙げている。

原文を読む限りではサプライチェーンからの情報をもとに伝えられた情報ではなく、あくまでもアナリスト自身の予想である模様。ポップなカラー展開で攻めた「iPhone 5c」が2013年に大ゴケしたことを考えると、5年後に再度チャレンジする可能性は想像しづらい。

同氏は他にも「HomePod」の下位モデルと新型「Apple Pencil」が今秋登場すること、「Face ID」搭載の「iPad Pro」が「WWDC 2018」で発表されることを過去に予想している。昨年は「iPhone X」の発売時期が遅れることを9月時点で伝えていた。

他にもZhang氏は2019年のiPhoneにトリプルレンズカメラが搭載され、外向きカメラにも3Dセンサーを搭載する可能性があると予想している。

先日、経済日報が2019年に登場するiPhoneのうち、少なくとも1機種はトリプルレンズカメラを搭載すると伝えていた。また、2019年のiPhoneに外向きカメラに3Dセンサーが搭載されるという情報は、以前Bloombergも報じていた。

(via 9to5Mac