斬新なカラー!新型iPhoneのプロトタイプの写真がリークか

Iphone x prototype in new colors

2018年の新型iPhoneのプロトタイプとされる写真TechnoCodexが公開している。

これらの写真はインドで撮影されたものとのこと。「iPhone X」に似た外観だが、筐体のカラーとして青緑と紫色のパステルカラーが採用されている。

iPhone X」の後継モデル?液晶ディスプレイモデル?

Appleはマイナーアップデート時にカラーモデルを追加する傾向がある。「iPhone 6s」では初めてローズゴールドを追加し、「iPhone 7」ではジェットブラックブラックを追加し、「iPhone 8」ではそれらをやめてスペースグレイを復活させた。

まだ未発表のカラーモデルとして「iPhone X」のゴールドモデル(下記写真)も存在していることがFCCの申請書類から明らかになっている。

A1865 A1903 External Photos v1 1 35505695

青緑のカラーモデルに関してはフレーム部分がゴールドにも見えるが、写真が撮影された照明との関係なので何とも言えない。

あまりにも斬新なカラーラインアップであり、いくらプロトタイプとは言えAppleが採用するとは想像しづらい色合いではあるが、2018年のiPhoneに新しい新カラーモデルが追加される可能性はゼロではない。

Rosenblatt証券のアナリストJun Zhang氏は液晶ディスプレイ搭載モデルがブルー、イエロー、ピンクを含むポップなカラー展開が用意されると伝えていた。

となるとこの写真に掲載されているのは液晶ディスプレイモデル、と思いたいところだが、液晶ディスプレイモデルはシングルレンズ仕様という情報があることから、「iPhone X」の後継モデルまたは「iPhone X Plus」と呼ばれている大型モデルかもしれない。

そもそもこれらが本当にプロトタイプなのかどうかさえも定かではないが、現時点では、Appleが2018年のiPhoneに新しいカラーモデルを検討している可能性がある、としておこう。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい