【保存版】iPhoneの電池持ちを確実に改善するためにチェックするべき8つの項目

iPhone Battery
【img via iPhone Charging by parislemon

僕が次期iPhoneに望むものがあるとしたら、電池持ちの改善だ。モバイルバッテリーを持ち運ばなくても1日中安心して外出できるような端末になることを期待したい。

iPhone 6」がどうなるかは分からないが、それまでは今のiPhoneの電池持ちで頑張らなければならない。既にマルチタスクスイッチャーの意外な落とし穴Facebook公式アプリに関するバッテリー最適化Tipsを紹介しているが、本日はそれらを含むiPhoneの電池持ちを確実に改善するためにチェックするべき8つの項目を紹介する!

電池持ちが悪い場合はこれら8つの項目を試すべし!

iPhoneは今や電池持ちがいいとは言えない。他のスマートフォンに比べればかなり健闘しているとは言えるものの、電池が持たないのは困る。

下記にある8つの方法を順番に試して電池持ちの改善を試みるべし!

1. Facebook公式アプリの「バックグラウンド更新」と「位置情報サービス」は切ろう

真っ先にチェックするべきはFacebook公式アプリ。以下の設定を確認しましょう!

  • 「設定>一般>Appのバックグラウンド更新」から「Facebook」を探し、オフにする
  • 「設定>プライバシー>位置情報サービス」から「Facebook」を探し、オフにする

詳しくは以下の記事をどうぞ!

2. 使っていないアプリの「バックグラウンド更新」と「位置情報サービス」は切ろう

iOS 7」から提供されている「Appのバックグラウンド更新」は、日常的に使うアプリであれば最新情報が自動的に更新されているので便利だが、普段使っていないアプリの場合は無効化してしまった方が良い。

普段使っていないアプリが自動的に更新されていても、見ないのであれば無駄。いっそのことアプリを消してもいいかもしれない。

3. マルチタスクスイッチャーからアプリを手動で終了するのを止めよう

今回紹介するTipsのの中で最も衝撃的とも言える電池持ちTipsではないだろうか。日々当たり前のようにやっているマルチタスクスイッチャーからアプリを消す行為は、実は電池持ちを悪化させる原因だったのだ。

詳しくは以下の記事からどうぞ!

iOSのマルチタスクについては以下の記事で解説しているので、気になる人はこちらもどうぞ。

今更聞けない、iOSのマルチタスクの仕組みについて解説しておく

続:今更聞けない、iOSのマルチタスクの仕組みを動画で見る

4. メールのプッシュ設定を一時的に停止してみる

プッシュ通知は送られてくる度に画面が点灯しバッテリーを喰うことは明白ではあるが、インストールされている全アプリのプッシュ通知を片っ端から確認する前にメールのプッシュ設定をチェックしましょう。特に異常に電池消費が激しい場合はExchangeを利用したメールサービスに原因があるかもしれない

プッシュではなく、フェッチ(決まった時間に取得する)にだけでも電池持ちは改善される。メインで利用しているメールアドレスでなければ30分に1回、もしくは1時間に1回メールを取得すれば十分かもしれない。