実はNG!今すぐ見直すべきiPhoneの使い方11選

僕は「iPhone 3G」からiPhoneを持っている。最初の頃はコピペもできずにJailbreak無しでは役に立たないデバイスだったものの、10年足らずでハードウェア・ソフトウェアともに驚くべき完成度になり、今や国内では大半の人が持ち歩くデバイスとなった。

毎日肌身離さず使っているiPhoneだが、実は知らず知らずのうちに間違った使い方をしているかもしれない。HuffPost Techに「11 Things You Need To Stop Doing With Your iPhone」という興味深い記事が公開されていたので読んでみたところ、リストに含まれていることで日頃からやってしまっていることもあることが判明。

実はその使い方、NGかも?!一部日本向けに変更しているが、本記事では「今すぐ見直すべきiPhoneの使い方11選」としてそれぞれを紹介する!

NGその1:常に電源を入れっぱなしにしている

それはNG!今すぐやめるべきiPhoneの使い方11選

僕が真っ先に引っ掛かったのはこの項目。iPhoneの電源、常に入った状態にしていないだろうか。

「毎年買い換えるから細かいことはどうでもいい」という人は除き、少なくとも2年間は使い続けたいという人は少なくとも1週間に1回は電源を落とした方が良いそうだ。

具体的な頻度は書いていないものの、Apple サポートにもiPhoneの電池持ちを改善するために一度電源を落としてから再起動するようにと書かれている。

iPhone のバッテリーの消耗が早くなったり充電できなくなった場合は、まず iPhone を再起動してみてください。設定を最適化することで iPhone のバッテリー駆動時間を延ばすこともできます。

上部または側面にあるスリープ/スリープ解除ボタンを長押しし、スライダが表示されたら右にスライドして電源を切ります。完全に電源が切れたら、もう一度スリープ/スリープ解除ボタンを押して再起動します。

via iPhone のバッテリーと電源 – Apple サポート

NGその2:Wi-FiとBluetoothを常に有効化している

それはNG!今すぐやめるべきiPhoneの使い方11選

Bluetoothに関してはそれほど影響はないと言われているが、使っていないのにWi-Fiを有効化していると常に接続できるスポットを探すことになり、電池を無駄に使うことになってしまう。また接続する気がないのに接続できるWi-Fi一覧がポップアップで表示されるのも鬱陶しい。

使うつもりがないのであればコントロールセンターから使う時まで一旦無効にしておきましょう。

NGその3:エクストリームな環境で使用している

それはNG!今すぐやめるべきiPhoneの使い方11選

iPhoneはあなたの相棒である以前にスマートフォンであり、言ってしまえば所詮、ただの電子機器だ。猛暑や極寒環境での使用は基本的にNG。Appleによると、iPhoneは0°C〜35°Cの環境下で最も良く動作し、保管温度は-20°C〜45°Cが最適だそうだ。

NGその4:iPhoneを夜通し充電している

それはNG!今すぐやめるべきiPhoneの使い方11選

これに関しては色々な説があるが、一般的には夜通し充電しておくことは電池に良い影響を及ぼすことはないそうだ。次項に繋がるが、iPhoneの電池寿命を伸ばすことを再優先にした場合、本体を満充電せずに80%程度で収めた方が長持ちするとのこと。

あわせて読みたい