「iPhone 6s」の電池容量は1,715mAhであることが判明

1715mAh

iPhone 6s/6s Plus」の電池持ちは「iPhone 6/6 Plus」と比較しても変わらない。となると、バッテリーの容量はどうなっているのだろうか。

正解は「減っている」。本日、Appleが公開した「3Dタッチ」のプロモーション動画の中で「iPhone 6s」のバッテリー容量が映されていることが判明!どうやらiPhone 6s」の電池容量は1,715mAhだそうだ!

「A9」チップのお陰で変わらない電池持ちを実現か

公開された「3Dタッチ」の動画は以下。2分48秒あたりから見れば気付くことができるかもしれない。

見るのが面倒だという人は以下のスクリーンショットをどうぞ。「3Dタッチ」の仕組みを紹介する際に写っているバッテリーには確かに「1,715mAh」と書かれていることが分かる。

1715mAh

参考として、「iPhone 6」の電池容量は1,810mAh。「iPhone 6s」の電池容量は95mAh少ないが、旧モデルと変わらない駆動時間を実現している。これは恐らく「A9」プロセッサによる電力効率の改善による賜物ではないかと考えられる。

このことから、以前リークされたバッテリーの写真は本物だった可能性が高い。

【比較】「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone 6/6 Plus」のスペック・仕様・価格を比べてみた!

【比較】「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone 5s/5c」のスペック・仕様・価格を比べてみた!

【比較】「iPhone 6s/6s Plus」と「iPhone 5」のスペック・仕様を比べてみた!




(via MacRumors

もっと読むiPhone 6sまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読