TSMC製「A9」の電池持ち、やはりSamsung製より2〜3%長い

A9

昨年の「iPhone 6/6 Plusが巻き起こした「Bendgate」問題に対し、今年の「iPhone 6s/6s Plus」は「Chipgate」問題が話題に。

ユーザーが投稿した「Geekbench 3」のバッテリーテスト結果を公開したことにより、TSMC製の方が2時間も電池持ちが長いことが判明。さらに複数のテストで確認された後、Appleが電池持ちについて言及する運びとなった。

Appleによると、TSMC製とSamsung製には確かに性能の差はあるものの、その違いは2〜3%程度となっていて騒ぐ程ではないという内容だった。

本日、Ars Technicaが改めてTSMC製チップとSamsung製チップを搭載した「iPhone 6s」でバッテリーテストを実施した結果、確かにTSMC製「A9」チップの方がSamsung製よりも2〜3%電池持ちが長いことが改めて明らかになった!

確かに2〜3%の差は存在するが、心配する程ではない

その結果が以下の通り。CPUに高い負荷を掛けることによって電池性能を測定する「Geekbench 3」のテストでは噂通りTSMC製がSamsung製を大きく上回る結果に。ただ、Wi-Fi環境におけるブラウジング時間とグラフィック性能を測定する「GFXBench」のテストにおいては、Appleがコメントした通り2〜3%程度の差だった。

A9 Battery Test Ars Technica
【image via Ars Technica

これまではSamsung製チップを持つ人が傷心する測定結果ばかりだったが、今回、3D搭載グラフィック性能を測定する「WebGL」のテストではむしろSamsung製チップの方がTSMC製を上回るという結果も明らかになった。

これらの結果をまとめると、事実としてTSMC製「A9」チップの方がSamsung製よりも電池性能は僅かに長い。ただ、その差は2〜3%程度であり、特に高負荷な作業をしない限り体感できるほどの差は無いと結論付けている。

Apple、電池持ちについて正式に認める!TSMC製とSamsung製の差は「2〜3%程度」

「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」チップ、やはり勝ち組はTSMC製ーー複数のテストで確認される

「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」チップ、TSMC製の方が2時間も電池持ちが長いことが判明



(via MacRumors

もっと読むiPhone 6sまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読