Apple、各キーにE-Inkディスプレイを搭載した「Magic Keyboard」を準備中か?!

sonder-magic-keyboard

次期「MacBook Pro」はファンクションキーの代わりに有機ELディスプレイを利用したタッチバーが搭載されるという。では、「Magic Keyboard」はどうなるの?

Foxconninsiderを名乗る人物がRedditに投稿した情報によると、AppleはSonderというスタートアップと協業で各キーにE-Inkディスプレイを搭載した「Magic Keyboard」を開発していると報じている!

起動中のアプリによってキーの表示内容を変更可能に

e-inkディスプレイを搭載したキーのあるキーボードとは一体どういうものになるのか。Sonderが開発している実機プロトタイプの映像があったので、参考にどうぞ。

画面外にあるボタンを押したことによってキーの一部が変更され、シェアボタンやいいねボタンが追加されている。恐らく「Facebookモード」に切り替わったのだろう。この通り、キー配置を丸ごと変えることができるのがSonderのキーボードの魅力だ。

上記映像では白黒のボタンとなっているが、新型「Magic Keyboard」にはカラーe-inkディスプレイが採用されるという。より表現力が豊かな表示が可能になると思われる。

この仕組みは次期「MacBook Pro」に搭載されると噂されているタッチバーの仕組みと非常に似ている。むしろ、「MacBook Pro」は有機ELディスプレイを採用したファンクションキーになるが、コストを抑えるために「Magic Keyboard」はe-inkディスプレイをファンクションキーに採用するのではないかと予想もできる。

情報提供者は清華大学に勤務し、最近、一部関係者に2つのプロトタイプを披露した模様。発売は来年ではなく2018年になると伝えられている。

FOLLOW / 最新情報を購読