ゴリミーベスト2019:Mac編【買ってよかったもの】

Mac本体だけではなく、Macを使った作業効率や使い勝手を向上してくれるアイテムや収納グッズなど

Best Buy 2019 Mac

僕の仕事はMacがなければ成り立たない。「買ってよかった」シリーズにおいて欠かせないのは、やはりMac関連商品。今年はMac本体も買い替えたが周辺機器も新調している。

その中でも良かったものについて、本記事ではまとめる。なお、本記事で紹介している製品は自分自身が購入したものに加え、提供商品も含まれているが、商品そのものが優れているからこそ「買ったよかったもの」として選定している。

また、この記事公開時点ではレビュー記事を書くことができていないものも一部あるが、本記事に掲載されている、ということは個人的に買って良かったと思っていることには変わりない。

ゴリミーではレビュー記事をまとめた「ゴリミーレビュー」、僕が今現在使用しているもの、気に入っているものをまとめた「ゴリミーセレクト」を随時更新しているので、あわせて参考にどうぞ!

Mac本体

16インチ型MacBook Pro(2019)

MacBook Pro(2019) 16inch 01

Mac関連商品でダントツで買ってよかったと思うものは、やはり16インチ型MacBook Pro(2019)だろう。改良されたキーボードは2015年モデルと2019年以のバタフライキーボード最終形態のいいとこ取りをした仕上がりとなっていて、純粋に打ち心地が良い。

これまではワイヤレスキーボードの「Magic Keyboard」を使っていたが、今はなんと16インチモデルのキーボードをメインの入力デバイスとして使用している。Mac本体のディスプレイも活かすことができ、外部ディスプレイに接続している時と接続していない時で作業の移行がしやすく、とても気に入っている。

パフォーマンス面はこれまでの15インチモデルで問題視されてきた排熱構造なども見直され、本来発揮できるはずのパフォーマンスが出るように。残念ながら僕にとっては完全にオーバースペックであり、自分用として改めて購入するのであれば下位モデルを基本としてストレージのみ1TBにしたモデルが良さそう。

頭がおかしいぐらいGoogle Chromeのタブを開きまくるので意外と32GBのRAMは助かっているかもしれないが、使い切るほどではない。CPUは6コアもあれば十分で、GPUは大した動画も作らないので下位のスペックでも十分すぎるほど。

今回の16インチ型MacBook Pro(2019)の登場で思うのは、昔に比べて基本性能が飛躍的に向上している、ということ。かつては”プロ”ではないユーザーでもちょっと負荷の高い作業をするような人であればできる限りスペックを上げた方が良い、というのが常識だったが、今や下位モデルでも数年間は快適に動作すると思う。

そう考えると記念のMacはコストパフォーマンスが劇的に上がった。16インチモデル、ハッキリいって最高。

Macの作業効率アップ周辺機器

MX Master 3

MX Master 3 01

MX Master 3」はもはや毎日の作業に欠かせない存在。買った当初は「MX Master 2S」でも十分だったかな、と思っていたが、一度最新モデルに慣れるともう戻れない。

特に気に入っているポイントは、新しいスクロールホイールの滑らかさと静かさ、全体的な手へのフィット感のさらなる改良、ポートがUSB-Cになったこと。地味にUSB-Cポートへの切り替えはMacBook Proユーザーとしては使い勝手が向上して良い。

外出時は極力作業スペースをコンパクトにした方が周りへの配慮に繋がるという思いからMacBook Proのトラックパッドで済ませるが、自宅ではアプリケーションごとに軽くカスタマイズしたボタン操作をガツガツ活用。手へのフィット感も良く、親指で操作できるボタンも以前より押しやすくなり、作業効率が上がったような気がしている。

今のところ一番作業効率が向上したと感じているカスタマイズは、親指で操作できる側面にある進む/戻るボタンを「進む」「戻る」にそれぞれ指定したこと。横のスクロールホイールでも操作できないことはないが反応しないこともあり、このカスタマイズによってブラウジングスピードが上がった気がする。

Just Mobile Lazy Couch

Just Mobile Lazy Couch 2019 review 01

Just Mobile Lazy Couch」は厳密にははるか昔に買った製品だが、改めてレビューしたので2019年の買ってよかったリストに載せることにした。

これはアルミニウムとラバーのパーツで構成された画面の高さを4cm高くしてくれるアイテム。いわば”高級ブラックキャップ”とも言えるような見た目だが16インチ型MacBook Pro(2019)に僅かな傾斜を付けてくれることによって打ち心地が改善されていると感じる。

持ち運びも用意で、半球状になっている2つを1つに重ねることができる。場所も取らず、本体も軽いが、ラバー製なのでグリップ感もある。僕は持ち運ばず、自宅のデスクの上に置いて使っている。

今年は「MOFT」など本体に取り付けるスタンドも試したが、スタンド部分の厚みがMac本体にあるゴム足よりも高さがあり、傾斜を付けたくない時に不便であると感じたため、使わなくなってしまった。

その点、「Just Mobile Lazy Couch」は傾斜が欲しい時にMacの下に敷くだけで済むのでとても良い。

Mac用充電ガジェット

Anker PowerPort Atom III 60WとRAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112

Anker PowerPort Atom III 60W Review 01

僕が外出先で16インチ型MacBook Pro(2019)を充電したい時に使っているのは、Apple純正の60Wアダプタよいも約35%小型化することに成功した「Anker PowerPort Atom III 60W」。「RAVPower 61W USB-C 急速充電器 RP-PC112」もしばらくの間愛用していたが、収納用ポーチを変えた関係で本体が物理的に薄いAnker製品に再度乗り換えた。

気に入っているポイントはそのコンパクトさ。フルスピードで充電するためには96Wも必要になった16インチ型MacBook Pro(2019)だが、実際にはフルスピードで充電しなければならないほど負荷の高い作業をすることがほとんどないため、僕の場合は60Wもあれば十分。

13インチ型MacBook Proを持っている人は純正品を持ち歩くよりもこれらの製品を持ち運んだ方が軽く、コンパクトに済むのでオススメ。MacBook Airユーザーももちろんフルスピードで充電できるが、30Wしか必要ないのでさらに軽くてコンパクトな「Anker PowerPort Atom III Slim」の方がオススメ。

なお、より軽いのはRAVPOWER製。どちらも折畳式のプラグを搭載し、出力も同じ60〜61W。

Satechi 75W デュアル トラベルチャージャー

Satechi 75W Dual Travel Charger 28

外出先でMacも充電したいがiPhoneも充電したい、という時に役立つのが「Satechi 75W デュアル トラベルチャージャー」。旧モデルに搭載されていたQuick Charge 3.0ポートの代わりに18WのUSB Power Delivery(USB-Cポート)を搭載しているため、13インチ型MacBook Proであればフルスピードで充電しつつ、iPhoneを急速充電できる。

さらに、2つのUSB-Aポートが搭載されているため、Apple Watchや他のiPhoneなどを充電することが可能。1つのコンセントから最大4つのデバイスを同時に充電できるスグレモノなのだ。

僕が特に「Satechi 75W デュアル トラベルチャージャー」を重宝したのは新幹線の中と家族旅行での宿泊先。コンセント数が限られている場所で複数のデバイスを充電できることが大いに役立った。

記事執筆時点では持ち運び用から自宅据え置き用に変わり、リビングルームの側にある電源ボックスの中に忍ばせてある。

60Wポートは僕がリビングルームで仕事をしたい時のための電源供給用、18Wポートは急ぎでiPhoneを高速充電したい時用、1つのUSB-AポートはApple Watch用充電ケーブルを接続したままの状態にしていざという時に充電できるようにしてある。

Zendure SuperTank

Zendure SuperTank Portable Charger 09

16インチ型MacBook Pro(2019)に買い替えてから電池切れという心配がそれなりに減ったような印象があるが、それでも長時間作業が必要になると分かっている時や、電源の確保が難しいと分かっている場合は大容量バッテリーが必要。

そこで持ち歩くようにしているのは、「Zendure SuperTank」。2つのUSB-Cポートと2つのUSB-Aポート、合計4つのポートを搭載した電池容量27,000mAhのモバイルバッテリーで、最大100Wの出力が可能。16インチモデルが対応している96Wのプロファイルには対応していないが、それでも十分な出力を持って充電してくれる。

サイズは約120mm x 71mm x 41mm。重さは約512g。常に持ち歩くには重いが、必要な時は許容範囲。専用ケースもあり、安心して持ち運ぶことができる。

Macのデスク周りの整理整頓アイテム

Becrowm ノートパソコンスタンド

Two Device Stand 01

僕はレビューするという目的もあり、複数のMacBookが部屋にある。なるべく場所を取らずに状態良く保存したいという思いから、Becrowm製のノートパソコンスタンドを購入。

調べてもよく分からない得体の知れないメーカーではあるが、届いた製品は特に問題なく、仕上がりにも何1つ不満がない。現在は15インチ型MacBook Pro(2019)と13インチ型MacBook Pro(2018)を載せているが、MacとiPadを並べたりすることも可能。

Satechi Ecoレザー デスクメイト デスクマット

Satechi eco leather deskmate deskmat review 04

デスクを彩るアイテムとして導入した「Satechi Ecoレザー デスクメイト デスクマット」。サイズは16インチモデルだとやや窮屈に感じたものの、やはり質感がとてもよく継続して利用している。

実はもう少し大きいものがほしいと思い、試しに正体不明のメーカーが販売している巨大なデスクマットを購入してみたのだが、クオリティに雲泥の差があり、即却下。捨てるのは勿体ないので、撮影用の背景としても使おうかな。

Satechi製のデスクマットは厚みがあり、本体も折りたたまれてくるのではなく本体をそのまま収納する細長い箱に入って送られてくる。グリップ感が甘いことに多少不満はあるものの、厚みがあることを活かして滑り止めマットの導入をオススメされたので、試してみたいと思う。

特集
関連情報
更新日2020年04月13日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    今年一番はMac proだったな

    1. g.O.R.i

      うおおおおおお買ったんですかー!!!!

  2. んちまみ

    あとはMac ProとXDRモニターで年越しですねっ!?

    1. g.O.R.i

      (゚⊿゚)イラネ

「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索