「Mac mini 2018」のRAMはユーザー交換可能だが、分解作業が必要に

Mac Mini interior display 10302018

従来の「Mac mini」と言えば自分自身でストレージもメモリも比較的簡単に交換できることが魅力の1つだった。

Mac専門店秋葉館「Mac mini 2018」を分解した結果、確かにRAMはユーザー交換可能ではあるものの、放熱板があることに加えメモリの幅があることからロジックボードを取り出す必要があり、本体を分解する作業が発生することが明らかになっている。

SSDは交換負荷、Appleとしてもユーザー交換は非推奨

このような仕様であることから、iMoreのRene Ritchie氏は、AppleはRAMの交換はApple StoreまたはApple公式サービスプロバイダへの依頼を強く推奨していると説明している。

分解した結果、「Mac mini 2018」のメモリースロットは2基用意されているため、最大搭載量である64GBにする場合、32GBのRAMをそれぞれに挿す必要がある。Mac専門店秋葉館はこのようなメモリは現在ほとんど流通していないことから、RAMを64GBにしたい場合はApple公式サイトでCTOすることをおすすめしている。

「Mac mini」の最小構成ではRAMは8GB。16GBで+22,000円、32GBで+66,000円、64GBで154,000円(すべて税別)となっている。

Mac mini RAM

Mac専門店秋葉館では「Mac mini 2018」用RAMの販売も開始。16GB × 2枚の構成であれば税込み49,680円で販売され、Apple公式サイトよりも約15,000円ほど安くアップグレードできる。

店舗ではお預かり1時間、工賃5,000円で依頼することもできるとのこと。価格を抑えたいけど自分で交換するのは怖い、という人は店頭対応を依頼してもいいかもしれない。

もっと読むMac miniまとめ