AppleシリコンのMac Pro、M1 Maxの拡張チップ搭載で年内登場か

一部では40コアCPUと128コアGPUの内臓が噂されている

Mac Pro Pro Display XDR Apple Omotesando 01

Appleは、MacのAppleシリコン化を2022年末までに完了する見通しだ。MacBook Pro(2021)の発表時期や仕様を正確に予測したiOSデベロッパーのDylan氏によると、最後にアップデートされる製品は新型Mac Proになるという。搭載されるのはM2チップではなく、M1 Maxチップを拡張したチップになるそうだ。

Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Guman氏は、40コアCPUと128コアGPUを内蔵すると予測。The Informationは、少なくとも2つのシリコンダイを持つM1 Maxチップのバリエーションが搭載されると伝えている。

Appleは年内に、デスクトップ型MacをAppleシリコン化する。Mac mini(2022)およびiMac Pro(2022)アップデートされるとの噂だ。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac Pro」新着記事
トレンド検索