M2 MacBook Pro、14インチ+外部ポート復活で2022年後半発表か

M1 Pro/Maxモデルと同じ筐体、同じポートが搭載されるとの噂

14inch M1Pro MacBookPro 2021 Review 18

M1 MacBook Proの後継モデルは、M2チップにアップグレードされ、14インチディスプレイを搭載する可能性がある。MacBook Pro(2021)の発表時期や仕様を正確に予測したiOSデベロッパーのDylan氏によると、価格はわずかに値上げされるが、筐体はMacBook Pro(2021)と全く同じ復活した外部ポートも搭載されるという。

Dylan氏は、発表時期は2022年後半と予測。M2チップを搭載した新型MacBook Airも、同時期に発表されると指摘している。

M1 Pro/Max MacBook ProやM2 MacBook Airと差別化は?

M1 MacBook Proの後継モデルは、BloombergのMark Gurman氏も言及していたが、具体的な仕様は明らかにしていなかった。

M2チップの仕様予想

M2チップは、M1チップと同じ高性能4コアと高効率4コアから成る8コアCPUだが、動作が高速化されるという。GPUのコア数は、M1チップの最大8コアから最大10コアまで増える。

GPUコア数が増えることで、グラフィック関連機能の制限が一部緩和される可能性がある。1枚までに制限されている外部ディスプレイの出力可能枚数が2枚以上に緩和されるとの情報もある。

M1 Pro/Maxチップの”弱点”とは

M1 ProM1 Maxチップに搭載されているCPUは8コア仕様だが、6つの高性能コアと2つの高効率コアで構成されている。高いパフォーマンスが発揮できる代わりに、電池持ちが犠牲になった

M2 MacBook Pro」は、M1モデルのパフォーマンスで十分だが外部ポートを使用したい人にとって最適なデバイスになるだろう。高効率コアが多いため、電池持ちの良さは引き継がれるはずだ。M1 Pro/Max MacBook Proの筐体を使い回し、ProMotion対応など一部ディスプレイ技術を省くことで、価格も抑えられる。

MacBookシリーズの位置付けがより明確になる?

一方で同時期に発表されるM2 MacBook Airには、ポートは復活しない。代わりに薄さと軽さを徹底的に追求し、名前のとおり”Air”なモデルを目指すと考えられる。

Twitter macbookair 2 2048x1181
新型MacBook Airの最新レンダリング画像より

M2モデルが登場後、MacBookシリーズの選び方は以下のような基準になるだろう。

公開情報
更新日2022年02月14日
コメント(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:620859)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:620851)
    Air、2枚以上になる気がします!同じM2チップ搭載するという話なので!

    そうだと、とても嬉しいです^_^
    自分にとっては、M1 PRO はオーバースペックなので、20万円以内の価格だったら即買いです!

  2. g.O.R.i(コメントID:620851)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:620850)
    Airでディスプレイ外部出力が2つ以上になれば最高なのですが…そのために、まだIntel Macで辛抱しています

    Air、2枚以上になる気がします!同じM2チップ搭載するという話なので!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:620850)

    Airでディスプレイ外部出力が2つ以上になれば最高なのですが…そのために、まだIntel Macで辛抱しています

  4. g.O.R.i(コメントID:620779)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:620778)
    AirもProもM2でFaceTimeカメラが1080pになってくれたらサイコー

    さすがに次はフルHDにしてくれると信じてますwさすがに2022年に720pはやばい、本当にボコボコに叩かれると思いますw

  5. 通りすがりの読者(コメントID:620778)

    AirもProもM2でFaceTimeカメラが1080pになってくれたらサイコー

  6. 通りすがりの読者(コメントID:620772)

    楽しみだな

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索