HomePodのSiri、AIテストの正答率は52.3%ーー競合製品に惨敗

HomePod Siri Performance

「HomePod」は「スマートスピーカー」よりも「高音質オーディオ」としての位置付けであるとAppleは強調しているが、世間的には「Appleの純正スマートスピーカー」という目で見られていることも多く、Amazonの「Echo」シリーズ、Googleの「Home」シリーズ、Microsoftの「Cortana」搭載製品が競合製品となる。

先行レビューではスマートスピーカーの性能は酷評されていたが、実際はどうなのか。Loup Venturesが実施した782問の音声コマンドの回答内容を評価するAIテストによると、「HomePod」のSiriは99.4%のコマンドを理解し、52.3%に対して正確に回答できたしたことが分かった。

つまり、2回に1回は意図した答えが返ってこないということになるが、ライバル製品と比較するとその割合は最も低いことが明らかになった。

正答率が最も高かったのは「Google Home」

同様のテストを実施した結果、最も正答率が高かったのは「Google Home」で81%、「Amazon Echo(Alexa)」は64%、「Harman Kardon Invoke(Cortana)」は57%だった。

ただ、この結果だけで「HomePodはダメだ」と言うにはまだ早い。分野ごとに比較すると、ローカル情報やコマース情報に関しては「HomePod」は「Google Home」に続く2位の正答率を記録。

Homepod siri loup ventures

「HomePod」の正答率が低い理由の1つに、そもそもSiriがそれらの分野をまだサポートしていないことが挙げられている。ナビゲーションや通話、メール、カレンダーについても利用可能になれば、競合製品と肩を並べることができるようになる、と説明。

音質については高く評価し、音声コマンドを聞き取る能力にも長けているとのこと。個人的な経験では、この分野に関して「Google Home」の精度は非常に低い印象を受ける。「Google Home Mini」に至っては半1、2メートル以内で声を出さなければ聞き取ってもらえない。

現状は「高音質オーデイオ」であることを強調しているが、Siriは今後アップデートで改良されるポテンシャルがあると指摘。今はライバル製品に劣る点も、将来的には最も正答率の高いスマートスピーカーになっているかもしれない。

(via MacRumors

もっと読むHomePodまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン