パパなのに娘に乳首を噛まれ、激痛!取れたかと思った話

Baby Me at Cafe

先日、娘と戯れていたら乳首を噛まれた。痛すぎて乳首が取れたかと思った。

「ウオオオ!」という唸り声を出してしまったが、あまり大きい声を出すと娘がそれに驚いて泣いてしまうことを分かっていたので抑えることができた。我ながらナイスパパ。

乳首を噛まれることは、ママあるあるらしい。妻も最初はその痛さゆえに泣いていたこともあったが、最近は冷静に「キズパワーパッド」を貼って一刻も早い回復を目指している。こうやって母親は強くなっていくのだ。

そもそも男性の乳首は噛むほど突起していないのでは、と思っている人もいるだろう。何を隠そう、僕の乳首はヒートテック、ゴリミーTシャツ、裏起毛のゴリミーパーカーを着ていても貫通する代物だ。近々その貫通力を試す記事をわざわざ企業にスポンサーしてもらって書くので、お楽しみに。

それにしても本当に痛かった。子どもが求めているからあげているのに噛まれるなんて、本当に辛いだろうな。男なら、遊んでほしいとせがまれたから遊ぼうとしたら金的を食らった、みたいな感じだろうか。

世のママ達は本当にタフだ。ちなみに僕は「キズパワーパッド」ほど噛まれなかった。

【Amazon.co.jp限定】BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド スポットタイプ 10枚+ケース付 絆創膏
ジョンソン・エンド・ジョンソン (2017-04-13)
売り上げランキング: 1,513