学生みんなが特待生。

【神ツール】会社Macユーザー必見!MacとWindowsのファイルパスを相互変換できるウェブサービス「PathCon」

Windows on a mac
【img via Installing Windows by LeeBrimelow

ありそうでなかった神ツールがウェブサービスとして提供されている!Windowsが多い職場でMacを使っている人にとって必須ツールとなるに違いない!

MacとWindowsのファイルパスを相互変換できるウェブサービス「PathConが圧倒的に便利なので、紹介しておく!これをブックマークしておけば会社でMacを使う上で立ちはだかる、数少ない弱点を克服できる!

Windowユーザーが大多数を占める中でMacを使っている人にとっては最高のツール

会社は基本的にWindowsがメインであることが多い。僕の職場も例外ではない。メールで直接ファイルをやり取りするのであればまだしも、共有ファイルサーバーにデータをアップロードしてファイルパスでデータをやり取りする場合、マジョリティがWindowsであるせいでWindowsでしか利用できないファイルパスが送られてくることも日常茶飯事だ。

例として以下のようなファイルパスがメールやチャットで飛び交うのだが、このファイルパスをそのままFinderの「サーバーへ接続」に貼り付けても該当するディレクトリを開くことはできない。

\親ディレクトリ\子ディレクトリ\孫ディレクトリ\ファイル名

今回紹介する「PathCon」を利用すれば、以下のように送られてきたWindows用ファイルパスをMacで開くことができるように変換してくれるのだ!

Pacthcon

smb:/」もしっかりと冒頭に付与されるため、Finderの「サーバーへ接続」にファイルパスを貼り付けてエンターキーを叩くとファイルパスが開く!これほど素晴らしいサービス、なぜこれまでなかったのだろうか!快適すぎる!

Windowsがマジョリティな職場で働くMacユーザーであれば、「PathCon」の恩恵は最大限に受けられるはず!パスを手動で都度書き換えている人は活用してみるべし!