「Apple Watch」の事前予約台数は230万台に?!85%がSportを購入

Apple-Watch-Omotesando-23.JPG
先日、アメリカにおける「Apple Watch」の事前予約台数が100万台を突破した可能性があると伝えた。だとすると全世界における事前予約台数はどの程度なのだろうか?!


お馴染みのKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Apple Watch」の5月末までの事前予約台数は230万台を突破すると予測している!

Sport:85%、Watch:15%、Edition:1%以下

これまで発表されてきた全てのスマートウォッチに対し、早速数値で格の違いを見せつけたAppleだが、実際に内訳はどうなっているのだろうか。

Kuo氏によるとほとんどの人はSportシリーズを購入し、全体の85%を占めるとのこと。残り15%はWatchシリーズを購入し、1%以下の人がEditionシリーズに手を出したそうだ。

Apple Watch Omotesando
Editionシリーズを買った人が仮に1%だとしても23,000台売れている計算になる。0.1%でも2万台以上だ。購入した人の何割が中国だったのか、気になるところだ。

なお、本体のディスプレイはLGが担当し、月に200〜300万台を生産する見通しとなっている。以前、「Apple Watch」の出荷日が記載日よりも早くなる可能性があると報じられていたが、1日も早く手元に届くよう、LGには頑張ってもらいたい!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった