Google Chromeで応答しない特定のタブを強制終了する方法

Google chrome error message
Google Chromeを使っていると、極稀にタブそのものが完全にフリーズしてしまい、うんともすんとも言わなくなることがある。そのタブしか開いていない場合はブラウザを一度終了し、再度立ち上げれば問題ないはずだが、複数タブを開いていて再度開き直すのが面倒、という場合はどうするべきか。


Google Chromeにはタスクマネージャーという機能があり、応答しない特定のタブを強制終了することができる。本記事ではそのやり方を紹介する!

「その他のツール > タスクマネージャー」で強制終了

まずはGoogle Chromeを開き、右上にあるボタンをクリック。「その他のツール」という項目があるのでクリックし、その中にある「タスクマネージャー」をクリック。他にもメニューバーの上にある「ウィンドウ」からも「タスクマネージャー」にアクセスすることができるので、好きな方法でどうぞ!
Google Chromeで応答しない特定のタブを強制終了する方法
現在、Google Chromeで動作しているタブや拡張機能のメモリやCPUの使用率などを 一目で知ることができる。
Google Chromeで応答しない特定のタブを強制終了する方法
特定のタブを終了するためには終了したいタブを選択肢、右下にある「プロセスを終了」をクリックするだけ。
Google Chromeで応答しない特定のタブを強制終了する方法
クリックするとこのような画面が表示され、応答せずに固まっていたタブが強制的に終了されるはず!
Google Chromeで応答しない特定のタブを強制終了する方法
実はつい先ほど自分が開いていたタブが応答しなくなったので、この方法でそのタブのみ強制終了することができた。Google Chromeを再起動する前にこの方法を試してみるべし!

オススメ
google-chrome-error-message.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法