「iPhone 6s/6s Plus」、4〜6月期も計画当初より30%減産へ

iPhone6s-6sPlus-5.jpeg
今年1月、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の売れ行きが芳しくないことを漂わせるニュースが報じられていた。


日本経済新聞によると、Appleは2016年4〜6月期における「iPhone 6s/6s Plus」の生産数も1〜3月期同様に計画当初よりも約30%程度減産する方針であることを明らかにした。

「iPhone 6s/6s Plus」は相変わらず売れていない?!

原因は販売台数の伸び悩み。国内の部品メーカーには減産期間の延長が伝えられ、稼働率も低下しているという。

「大丈夫、大丈夫。iPhone SEが あるじゃないか」と思う人もいるかもしれない。残念ながら「iPhone SE」は主力モデルの不振を補うほどの販売台数は見込まれていないとのこと。次期モデルに期待する他ないが、今のところ出ている噂によると「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は現行モデルと大きな見た目の差は無さそうな雰囲気だ。


続く販売不振。Appleがこの課題とどのように向き合うのか、そもそも向き合うのか、今後の動きに注目が集まる。

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア

  • (via 気になる、記になる…

    オススメ

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
    2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
    3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
    5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品