【OS X Yosemite/iOS 8】「iCloud Drive」をMacやiPhoneで有効化する方法【設定】

icloud-drive
iOS 8」で先行して利用できるようになった「iCloud Drive」。先月料金プランが公開され、月額100円で20GBのクラウドストレージを利用できるようになった。


そもそも「iCloud Drive」が何か忘れてしまった人もいるかもしれない。「iCloud Drive」は、言ってしまえばApple版Dropbox。iPhoneとiPad同士のファイルはもちろんのこと、Macともシームレスに共有することができるのが強み。一度「iCloud Drive」を有効にしてしまえばその存在を忘れてしまっても快適に使うことができるように組み込まれている。

「iCloud Drive」を利用するためにはiOSデバイスであればiOS 8」以上、MacであればOS X Yosemite」以上の環境が必須となっている。

本記事では「iCloud Drive」をMac、iPad、iPhoneで有効化し、利用する方法を紹介する!

Macで「iCloud Drive」を有効にする方法

まずはMacで「iCloud Drive」を有効にする方法を紹介。システム環境設定の「iCloud」をクリック。
iCloud Driveを有効化する方法(Mac)
開くと一番上に「iCloud Drive」という項目があるので、これをクリック。
iCloud Driveを有効化する方法(Mac)
これでFinderのサイドバーに「iCloud Drive」が追加されているはずなので見てみると…ない!
iCloud Driveを有効化する方法(Mac)
すぐにFinderの「環境設定」を開、「サイドバー」というタブをクリック。どうやら「iCloud Drive」が表示される状態になっていなかったようだ。チェックを入れて再度Finderのサイドバーを確認してみると…
iCloud Driveを有効化する方法(Mac)
あった!めでたく僕のFinderサイドバーにも「iCloud Drive」が出現。まだファイルストレージとしては何も使っていないので空っぽだ。
iCloud Driveを有効化する方法(Mac)

iPhoneで「iCloud Drive」を有効にする方法

続いてiPhoneで「iCloud Drive」を有効にする方法を紹介する。

設定アプリを開き、「iCloud Drive」をタップ。既に有効になっている場合はこのように「オン」と表示されているはず。
iCloud Driveを有効化する方法(iPhone)
上の方に「iCloud Drive」という項目があるのでこれをタップ。
iCloud Driveを有効化する方法(iPhone)
「iCloud Drive」という項目が一番上にあるので、ここが有効になっていなければ有効にするべし!
iCloud Driveを有効化する方法(iPhone)

「iCloud Drive」はどのように活用するのか

有効化した「iCloud Drive」だが、一体どのようにして活用するのか。

例えば、「iCloud Drive」と連携するアプリを使用した場合、iPhoneで途中まで作業をして続きの作業をMacで進めることができる。「iOS 8」と「OS X Yosemite」ならではの機能としてデバイス同士で作業を行ったり来たりすることができる「Handoff」という新機能が用意されているが、これを利用可能にするのは「iCloud Drive」がなくてはならない。

Appleの「iWork」関連アプリであれば早速これらの機能を試すことができるはず。



他にMac同士であれば「iCloud Drive」を通常のクラウドストレージとして活用することも可能。バックグラウンドで勝手に同期してくれるので、複数Macを利用している人はDropbox以外の選択肢として併用してみるのもありかもしれない!

「OS X Yosemite」を使いこなすTipsをチェック!

サイト内を検索して記事を探す

icloud-drive

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • Twitterで更新情報を1番にゲット!
  • LINEで楽しくトークしましょう!(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード)

この記事に関連するまとめ

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。