KDDI、「2年縛り」の自動更新を廃止する方針を明らかに

au-by-kddi.jpg
先日、ドコモが解約金無料期間を2ヶ月に延長したと伝えたが、KDDIはそのさらに上を行く方針を打ち出してきた!素晴らしい!


SankeiBizによると、KDDIは「2年縛り」の自動更新を廃止する方針であると報じている!実施時期は検討中とのこと。

3年目以降の契約内容・料金プラン・割引条件が焦点

そもそもユーザーにとって自動更新のメリットは「2年縛りを条件としたお得な料金プランで使い続けること」。契約期間中の解約は違約金が発生するこの仕組みは基本的には事業者都合となっていて、ユーザーを2年間囲い込むことが目的とされていた。

ただ、今となっては2年縛りを条件とした料金プランもそれほど魅力的には見えない。FREETELのような格安SIMに乗り換えた方が間違いなく毎月の料金プランは抑えられる。

消費者が求めているのは「2年縛り中も2年縛り解消後も同じ料金」だが、「2年縛り」に自動更新が廃止することによって料金プランが跳ね上がる可能性もある。「2年縛り」が原因で裁判沙汰になったケースもあったが、廃止したら廃止したで「知らないうちに料金が跳ね上がっている」というクレームが殺到することも想像できる。

KDDIを使い続けたいユーザーが使い続けることがベスト。自動更新が外れ、「2年縛り料金プラン」ではなくなる3年目以降の契約内容や割引条件などは現在検討しているとのこと。いつでも辞められるという、キャリアとしては不利な条件下でどのような料金を提示できるのか、注目が集まる。

また、今回の発表を受けてドコモとソフトバンクが追随するのかも見どころだ。

(via RINGO-SACNO

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー