KDDI、「2年縛り」の自動更新を廃止する方針を明らかに

au-by-kddi.jpg
先日、ドコモが解約金無料期間を2ヶ月に延長したと伝えたが、KDDIはそのさらに上を行く方針を打ち出してきた!素晴らしい!


SankeiBizによると、KDDIは「2年縛り」の自動更新を廃止する方針であると報じている!実施時期は検討中とのこと。

3年目以降の契約内容・料金プラン・割引条件が焦点

そもそもユーザーにとって自動更新のメリットは「2年縛りを条件としたお得な料金プランで使い続けること」。契約期間中の解約は違約金が発生するこの仕組みは基本的には事業者都合となっていて、ユーザーを2年間囲い込むことが目的とされていた。

ただ、今となっては2年縛りを条件とした料金プランもそれほど魅力的には見えない。FREETELのような格安SIMに乗り換えた方が間違いなく毎月の料金プランは抑えられる。

消費者が求めているのは「2年縛り中も2年縛り解消後も同じ料金」だが、「2年縛り」に自動更新が廃止することによって料金プランが跳ね上がる可能性もある。「2年縛り」が原因で裁判沙汰になったケースもあったが、廃止したら廃止したで「知らないうちに料金が跳ね上がっている」というクレームが殺到することも想像できる。

KDDIを使い続けたいユーザーが使い続けることがベスト。自動更新が外れ、「2年縛り料金プラン」ではなくなる3年目以降の契約内容や割引条件などは現在検討しているとのこと。いつでも辞められるという、キャリアとしては不利な条件下でどのような料金を提示できるのか、注目が集まる。

また、今回の発表を受けてドコモとソフトバンクが追随するのかも見どころだ。

(via RINGO-SACNO

サイト内を検索して記事を探す

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • Twitterで更新情報を1番にゲット!
  • LINEで楽しくトークしましょう!(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード)

この記事に関連するまとめ

6件のコメント

  1. 匿名 より:

    >自動更新のメリットは何1つ存在しない。
    勝手に更新が切れたらいきなり料金が毎月数千円も跳ね上がるので問題ですよ。違約金は上限が1万円程度ですけど料金に上限はありません
    おじいちゃんやおばあちゃんみたいな同じ会社を長く使う人にとって自動更新はメリット以外の何者でもありません

    • g.O.R.i より:

      ああ、確かに!そうか、そうですね。2年縛り中の契約内容で使っているわけですもんね。本文修正します、ありがとうございます!

  2. 匿名 より:

    今まで「解約時、2年縛りなんて聞いていない!」とクレーム。

    廃止後 客「いきなり料金高くなったけど!」
        キャリア「2年が経過したので割引が終了しました」
        客「自動的に廃止になるなんて聞いてない!」

    予想出来るだけに、加入時にユーザーが決められるようにしたほうがいい。

  3. 匿名 より:

    2年目に「契約更新して割引価格を引き継ぎますか?それとも、契約せずにいつでも解約できますが通常料金にしますか?」てお知らせ(メールでも可)を送るんじゃだめなん?

    • 匿名 より:

      メール見てない。届いていない。になるのが目に見えてる。
      上の人が言ってる、契約時が契約書も残るし、確実。
      契約時かの内容から変更したいのなら、ショップで行えばいいし。

  4. 匿名 より:

    所詮3大キャリアの方針は「うっかりした人からがっぽりいただく」ということなので、大局的に見ればdocomoもauも大差ないですな。
    10年先のアラームまで設定できる時代なのだから、気をつけてた人は解約月が1か月だろうが2ヶ月だろうが影響はない。
    そういう人たちはそもそも3大キャリア自体選択肢から外しだしているのではないかなぁw

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。